こんにちは。サッカービジネスアドバイザーの深澤秀淑(フカサワ ヒデトシ)と申します。まずは初めに私が現在の活動を行うことになったキッカケと経緯についてからお話させてください。

 

あらためて振り返てみると幼少期に訪れたアメリカで見た日常で市民がスポーツに興じる「施設の充実ぶり」を目の当たりにして、「何故、日本とこれほど違うの?」という疑問とカルチャーショックを受けたことがキッカケのひとつでした。

 

それから漠然とした疑問などを抱いたまま何年もの月日が経過していきましたが、2010年のある時に「サッカー業界に関するセミナー」の告知を偶然に見つけ、そのセミナーに参加したことが「もうひとつのキカッケ」となりました。

 

セミナーではサッカーも含めて日本ではスポーツを“学校体育の延長”という認識でスポーツをとらえていることが「欧米諸国と日本との決定的な違い」であることが問題だとし、そうした認識が日本にサッカー文化が定着していかずに結果として日本のサッカー発展の妨げにもなっているとしたのです。

 

ここまでで“日本にサッカー文化が定着していない”ということに疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

確かに人気だけに留まらず日本国内での競技人口の割合で今やサッカーはトップとなり、日本代表戦のスタジアムは常に満員になるなど一見するとサッカー文化は定着しているように感じますが、しかしそれは「サッカー文化の定着」では無く、“サッカー人気の定着”に過ぎません。そしてこれこそが日本サッカーの現状とするサッカー文化が定着していかない理由でもあるのです。

 

セミナー後、私は「日本にサッカー文化が定着するためには何が必要なのか?」を自分なりに模索するうちに辿り着いたのが「日本にサッカー文化を根付かせるための行動を自ら起こそう!」という結論に至ります。

その目的に向けて2011年にサッカークラブとの取引案件をはじめとするサッカー事業の仕組みを学ぶことに特化したサッカービジネス論『サッカーマネジメント』のカリキュラムを修了してから活動を開始したのです。

 

 

以上が現在の活動に至るまでのキッカケといきさつですが、ここで改めて簡潔に私のプロフィールをご紹介します。

 

 

サッカー王国と呼ばれる静岡に生まれたことによりサッカーと密接した環境に育ち、そして1990年のイタリア W杯を機にセリエ Aを観てからイタリアサッカーに魅了されたことで一気にサッカーに生活を注ぐようになります。

そして現在はサッカー文化の発展を広げるための活動を実施しながら、サッカースクールやサッカークラブのコンサルティングをはじめサッカーをテーマにしたビジネス展開のアドバイス、サッカーの仕事に就きたい方への就業相談など、サッカービジネスに特化した『コーチング』を行うことによって「あなたのサッカーライフをサポートする」をコンセプトにする『サッカービジネスアドバイザー』として活動しています。

 

キッカケとなったセミナーに参加したのが2010年の2月でした。それからもうじき8年になろうとしていますが、セミナーから現在に至るまで「サッカー文化の定着」という観点からすると多少の“変化”はあったもの“浸透まではしていない”というのが現状です。

 

 

■何故、日本にサッカー文化は定着しないのか?■

 

それではサッカー人気が高まった日本でサッカー文化が定着していかない理由は何か?それは「サッカーが日常生活に欠かすことが出来ない存在になっていない」ことに尽きるからです。

 

そもそも「サッカー文化の定着」とは何を指すのでしょうか?私の持論として、それはサッカークラブだけではなくサッカーやフットサルが地域住民の日常生活に欠かせない存在であることであり地域全体においてサッカーが、ごく一般的に認識されている環境が成り立っていることです。

これはまさにサッカーを通して地域に根ざしたスポーツクラブによるスポーツ文化の振興を打ち出した「Jリーグの百年構想」の理念そのものです。

 

つまり日本にサッカー文化が定着していかない最大の要因は、各地域において“サッカーが意識されていない”ことでサッカー文化も浸透していかないのです。

 

 

こうして私は「日本にサッカー文化を根付かせる為にはどうするべきか?」を模索する過程でひとつ気が付いたことがありました。それは、ある地域のスクールがサッカーを通じた地域貢献活動を実施して地元メディア等で取り上げられるなか、その一方でスクール自体の“印象が薄い”ことによってスクールよりも活動内容だけがクローズアップされているようにしか感じられなかったのです。

私は「その要因は何か?」を自分なりに検証していき辿り着いた答えが「サッカーと地域を結びつける存在がいない」からでは?と感じたのです。前述のサッカーを通じた地域貢献活動を行った場合に例えると、その活動を通じて「スクールの存在感を高める」ためのマーケティングを実施する『マーケター』がいない限りスクールは注目されることはないと感じたのです。つまりは「サッカーと地域を結びつける存在がいるか?いないか?」によって「まちクラブ」が地域に“浸透するか?しないのか?”の〝分岐点″となるのです。

 

そうしたことを踏まえて私が導きだした結論が「全てのサッカーに関わる人々と地域との融合」をコンセプトにしたビジネスモデルを自ら立ち上げることを決意しました。そして、もちろん目指すは「サッカーと地域」双方を結び付けさせて新たな付加価値を生みだす「双方の長所を活かした新たな価値観」を築き上げることです。

 

こうして「サッカーと日常生活を繋ぎ合わせる」為のサッカービジネスに特化したビジネスモデルを生みだす独自のコンサルティングを立ち上げたのです。私はそれを『サッカービジネスコーチング』と命名しました。

この『サッカービジネスコーチング』によって「サッカーの魅力」と「地域の活性化」が組み合わさっていくことでサッカーが日常生活に不可欠な「新たな存在価値」として浸透していくことで日本にサッカー文化が定着する足掛かりとなっていくのです。

 

ここで実際に『サッカービジネス・コーチング』を受けられた方のご感想を紹介します。

 

 

□本当に好きなサッカーで人生を変えたいのであれば『サッカービジネス・コーチング』を受けるべきです。

 

集客コンサルタント・ドリームレイズ代表 前田直毅 様

 

 

私が深澤さんの『サッカービジネス・コーチング』を受けようと思ったキッカケは、サッカーをテーマにした集客について相談出来る相手も居なく悩んでいた時、深澤さんのメルマガで「サッカービジネス・コーチングモニター希望者」の告知を見たことでした。

 

実際に『サッカービジネス・コーチング』を受けてみると深澤さんから出される課題を実施していくうちに、まずは自分自身のことがよく分かるようになっていき、最後には思い描いていたようなサッカーの集客方法を見つけることが出来ました。また『サッカービジネス・コーチング』によって自分が抱いていた「サッカー観」に新たな発見が出来たこともすごくよかったです。

 

他にも『サッカービジネス・コーチング』のメリットは自分のビジネスに対しても前向きになれたことですね。本当に好きなサッカーで人生を変えたいのであれば『サッカービジネス・コーチング』を受けるべきです。

 

 

■『サッカービジネス・コーチング』を受けることのメリットは?■

 

このように『サッカービジネス・コーチング』を受けることで「自身のサッカー観に新たなる付加価値を生み出す」ことだけに留まらず、それによって自らの人生観にも変化を付け加えることが出来ます。

 

日本で数多くある『街クラブ』の大半は“運営に行き詰まった時”また“新たな事業展開を実施したい”などの運営問題や事業展開を検討しているにも係わらず、実際には「思うように出来ない」というのが本音ではないのでしょうか?

また、「好きなサッカーでビジネスを起こしたい」と決意したもの“イザッ始めよう”としても「どうすればいいのか?」とはじめの一歩を踏み出せずに行動に移せないことがほとんどだと思います。

 

これらに共通していることは“サッカー選手または指導者としての経験”や“サッカーだけの知識”のみでは解決することは難しく、こうした悩みごとを相談が出来る「サッカー業界での経験を持つ人物」もしくは「サッカービジネスの知識を有する存在」がすぐ身近に居ないことが原因です。

何故、身近に居ないのか?それはサッカービジネスの知識が“ごく一部の業界関係者”のみにしか活用されていないからです。それはプロサッカークラブをはじめとするトップカテゴリーのみでしか活かされていないことを意味します。それを物語るのが2015年に開催された「NPOとして非営利団体となるクラブ」「総合型として多種目を扱うクラブ」「スクールのみに特化した指導を提供するクラブ」など、活動によって地域に根ざした運営を行う街クラブの関係者が集った『まちクラブフォーラム』で指導や運営・環境づくりへの強い想いが出たと同時に情報や経験が圧倒的に足りないことが悩みであるとする意見が交わされたのです。これは日本にサッカー文化が定着するために欠かせない存在である街クラブこそサッカービジネスに特化したコンサルティングが求められることを表しているのです。

こうしたことを踏まえて私は『サッカービジネスコーチング』を立ち上げたもうひとつの理由として「サッカーと日常生活を繋ぎ合わせる」だけではなく、サッカービジネスの知識を日本サッカーに携わる「あらゆるカテゴリー」に還元させたいと考えたのです。

 

こうして『サッカービジネス・コーチング』を立ち上げたことによって、これまで“ごく一部のヒト”だけにしか携わることが出来ない「サッカービジネスに特化したコンサルティング」を日本にサッカー文化が定着するために「不可欠な存在」である街クラブと「好きなサッカーで暮らしていきたい」という想いを持つ人々に還元することが可能になるのです。

 

 

■『サッカービジネス・コーチング』はオンライン通信を使用した対面式コンサルティングです。■

 

『サッカービジネス・コーチング』は3ヶ月間にわたり毎月2回ごとに1回45分で行います。人が集中力を発揮できる期間は最大で12週間(3ヶ月)と言われており自らを変えるためには十分な期間となります。 イメージとしてはインターネットのオンライン通信によるテレビ通話を使用して、お互いに顔を合わせる対面式コンサルティングとして行います。そして『サッカービジネス・コーチング』での3ヶ月間はコンサルティングを受けて頂きながら「ご自身のサッカービジネス」に反映させていただくという流れになります。また、インプットとアウトプットのバランスが重要であることでもコンサルティングを受けて頂いた後にアウトプットも行って頂けるように毎回ごとに課題をご用意します。

 

 

 

■12週間後には...■

 

3ヶ月間での対面式コンサルティングによって自身のサッカーに対する悩みなどの問題解決や課題達成そして目標の実現に向けて様々な課題を解決してくことで、自らのサッカースタイルに「新たな存在価値」が備わり、新たな道標(みちしるべ)が明確にされていきます。

 

それにより、ご自身のサッカー人生にも変化が生じていき「新たなるサッカー人生」への心構えが身に付けられるのです。

 

 

■この『サッカービジネス・コーチング』の「価値」について■

 

実を言うと「日本にサッカー文化を根付かせる」という目的に向けて2011年に『サッカーマネジメント』のカリキュラムを修了し、翌2012年からはまさに手探り状態で活動を開始したもの「どのようにしてサッカービジネスのノウハウを還元していくべきか?」という課題について自分が想定していた以上に行き詰まったのです。

 

それから思いついた限り様々な方面で学び試行錯誤を繰り返していきながら、2015年に現在の『サッカービジネス・コーチング』のコンセプトに辿り着いたことでサッカービジネスに特化したコンサルティングを開始するまでに約4年間の月日を要したのです。今であれば当時の自分が何から取り掛かるべきだったのかが明確に分かりますが、その4年間が決して無意味な月日では無かったとはいえもっと手身近に辿り着けたのではと思う次第です。

 

それほどの時間を要したのは、やはり何もかもが「初めての経験」だったことに尽きます。ゆえに私が様々な方面から学び試行錯誤を繰り返しながら生み出した4年間分の時間的価値を3か月での『サッカービジネス・コーチング』で得られるのです。

 

 

現在の『サッカービジネス・コーチング』のコンセプトを築き上げるまでの4年間の間、サッカーマネジメント以外にもオンラインビジネスのコンサルティングなどのノウハウを取得するための投資をしてきました。

またスキル取得以外でもサッカービジネスに関連するものをはじめ、必要と感じた様々なセミナーに参加するため可能な限り遠方に出向いて参加したことは私自身にとって刺激的で濃密な時間を得ることが出来ました。

 

こうして投資してきたノウハウの取得とセミナーに参加するために費やした費用、そしてサッカーマネジメント自体の費用を合わせると約150万円ほどのお金を教材とセミナーに投資してきたことになります。

このように私が時間とお金をかけて学んで築き上げたノウハウの金銭的価値をおよそ3か月間の『サッカービジネス・コーチング』のプログラムに支払うことによって得られるのです。

 

 

■この『サッカービジネス・コーチング』の「価格」について■

 

そして最も熟慮を重ねたのが『サッカービジネス・コーチング』の価格でした。

 

『サッカービジネス・コーチング』を生み出すのに最も重要だったスキルが『サッカーマネジメント』です。

およそ半年間でサッカー業界の仕組みをはじめ、実際に行われた欧州主要クラブとの取引および実績をケーススタディとして学んでいく実践的なカリキュラムによってサッカービジネスのスキルを習得したことは改めて大きな「財産」であったと感じる次第です。

 

そのサッカーマネジメントでは、それまでの4年間に費やした約150万円のうちの3分の1ほどにあたる約50万円を費やしたのです。

当初は『サッカービジネス・コーチング』の価格をサッカーマネジメントに準じた価格に設定することを検討していました。しかし『サッカービジネス・コーチング』のコンセプトとして掲げる日本にサッカー文化を定着させる理念を持つ「まちクラブとまちスクール」そして「好きなサッカーで暮らしたい」という想いを抱く人々にサッカーマネジメントと同等の価格にすることによって各々のサッカー活動に支障をきたしたくないという結論を下したのです。

 

こうして日本にサッカー文化を定着させる為に「サッカーと日常生活を繋ぎ合わせる」をコンセプトにするサッカービジネスに特化した『サッカービジネス・コーチング』の価格を29,800(ひと月・2回)の合計3か月間で89,400円(※法人の場合は別途価格)としました。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

◇『サッカービジネス・コーチング』のお申し込みはこちらから◇

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

仮にもし、あなたがイチからサッカービジネスの知識を得てから後に自身のサッカー活動に反映させるまでには恐らく1年半から2年ほどの時間が必要でしょう。それが『サッカービジネス・コーチング』なら最低でも3か月間で得られるのです。さらに先ほど述べたようにサッカービジネス自体が“ごく一部の業界関係者”のみにしか活用されてないことでも事実上サッカービジネスに特化したコンサルティングを行っているのは私のみということになるのです。こうした現状を踏まえていただくだけでも『サッカービジネス・コーチング』の魅力をご理解いただけるのではないかと思います。

 

 

■『サッカービジネス・コーチング』に返金保証はございません■

 

その理由として

 

※『サッカービジネス・コーチング』は誰にでも受けて欲しいわけではありません

※ご自身のサッカー人生を変えるために本気で取り組んで欲しいから

 

という2点です。

 

私は、出来る限り多くの人に『サッカービジネス・コーチング』を受けて欲しいと思っているわけではなく、本気な人・真面目な人・前向きな人・向上心の高い人・自分自身に投資する価値を理解している人、そして「真剣に自らのサッカー人生を変えたい人」だけに受けて欲しいからです!

 

単純に“サッカーが好きだから”“サッカーで儲けたいだけ”“サッカーは人気があるから”などといった考え方ではハッキリ言うと厳しいです。それはサッカービジネスは利益だけを求めるのではなく、サッカーのさらなる発展に向けた「サッカーの振興」のために成り立つビジネスだからです。

『サッカービジネス・コーチング』最大の理念である「日本にサッカー文化を根付かせる」という理念にご賛同いただいき、なおかつ自らの「サッカー人生を変えたい」という想いを持つ人に対して、私も本気で向き合うためにも受けていただく方には本気で向き合ってもらいたいのです。

それ故に返金保証を設けることによって真剣に向き合うことへの“妨げ”を避けるためなのです。

 

 

■これから訪れる「好きなことが仕事になる」時代に備えるべきです■

 

私たちが子供の頃に「好きなことをして食っていけるほど世の中は甘くはない」というセリフを親や教師に言われてきたのではないでしょうか?恐らく大半の方はイヤというほど聞かされてきたセリフだと思います。

しかし将来、この根底は覆されていくことになるでしょう。そもそも「好きなことをして食っていけるほど世の中は甘くはない」という台詞の根底には『収入=ストレスの対価』という思い込みが浸透されてきた為です。特にその思い込みの根拠とされてきた人間にストレスをかけるような仕事が、来たる将来の日本が抱えることになる「人口減少」による“労働力減少問題”の解消に向けて人工知能を有するロボット、いわゆる『AI』に代替されていくことになるのです。

 

それによって何が起こるのか?今は当たり前のようにある仕事がテクノロジーに奪われてあなたの仕事は失われることになるのです。つまり「好きなことをして食っていけるほど世の中は甘くない」という考え方はすでに破綻しているのに等しく、これからは「好きなことでしか食って行けなくなる」ことになり、人間に残されるのは「今は仕事とは呼べないような好きなこと」を仕事化していくことでしか道は残されていない時代が訪れるのです。

ネガティブに捉えると今やっている仕事はテクノロジーに奪われて仕事を失うことになります。しかし、これをポジティブに捉えれば、やりたくもない仕事をする時間が減っていくことによって自由な時間が増えることになります。

 

 

中田英寿氏は現役引退した後、約3年という時間をかけて世界100ヶ国以上を周り、それからさらに日本の47都道府県を6年半かけて旅することで日本の文化を世界に伝える『ReVALUE Project』という仕事を作り出しました。それについて中田氏は「遊びや趣味に本気で取り組むと、それがいつの間にか仕事になる」と述べ、テクノロジーの発達によって仕事が奪われていくのならそれに応じて私たちは「好きなことを本気で取り組める」仕事を生み出していけば良いだけということを中田氏は実証したのです。

 

 

■好きなサッカーを本当の仕事にするためには?■

 

こうしたことを踏まえるとこれからの時代は自分が心から好きだと思える遊びや趣味に徹底的に取り組むことで新しいビジネス市場を生み出していかなければ食べていけない時代になることが容易に想像出来ます。

 

それでは「好きなサッカーを本当の仕事にするにはどうすればいいのか?」ということになりますが…

 

その解決策こそが『サッカービジネスコーチング』になるのです‼

 

現時点でサッカーを仕事にしている方もいらっしゃることでしょう。しかし、そうした立場であってもご自身のサッカーライフに“一抹の不安”を感じたことはありませんか?もし感じていたとしてもその不安を解消するための行動に移さない限りは、あなたのサッカーライフは何も変わらないでしょう。不安を感じて何かを変えたいと思われている方こそ『サッカービジネスコーチング』を推奨します。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

◇『サッカービジネス・コーチング』のお申し込みはこちらから◇

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

■今こそ好きなサッカーを仕事にするための準備を■

 

今はまだ実感できないかもしれませんが、これから訪れる“時代の流れ”に私たちは準備をしていかないといけません。その準備こそが「好きなサッカーを仕事にする」ことです。

私自身も含めた多くのサッカーを愛する人たちが「好きなサッカーを仕事にする」ことによって「サッカーが日常生活に不可欠な存在」になっていき、そうなることで日本のサッカー文化が定着することに繋がっていくはずです。

 

 

 

■追伸:あなたは時間を“無駄遣い”していませんか?■

 

「あなたの時間は限られている。 だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。」

 

これは『アップル』創業者で2011年に56歳でこの世を去ったスティーブ・ジョブズの言葉です。

結果としてこの言葉のようにジョブズは常に「自分がやりたいこと」を優先してきたことによってiPhoneなどの革新的な製品を世に送り出してきたことは、短いながらも濃密な人生を過ごしたといえます。

 

この世で全ての人に平等に与えられているのが「時間」です。その時間を無駄使いすることは“人生を無駄使いしている”ことに等しいのです。人にとって仕事というのは1日の半分を占めます。ということは人生のおよそ半分の時間を働くことに費やすわけです。そうしたことでもどうせ働くのなら「自分が本当に好きなことを仕事にして」限られた時間を有効に使うべきなのです。

 

 

■追伸2:『サッカービジネスコーチング』は「サッカーが好きな方」のために用意しました■

 

ここでもう一度だけ何故、私が『サッカービジネスコーチング』を提供しようとする理由を話させてください。

日本にサッカー文化が定着していく為には、「サッカーが日常生活に欠かせない存在である」ことが必要不可欠であると私は申しました。それには「サッカーと日常生活を繋ぎ合わせる」為に「サッカーと地域住民」を結び付けさせて新たな相乗効果を生みだす「双方の長所を活かした新たな存在価値」を築き上げることだと申しました。

 

それを可能にするのがサッカービジネスに特化したビジネスモデルを生みだす『サッカービジネスコーチング』なのです。それでは何故、私がこの『サッカービジネスコーチング』を立ち上げたのか?それはサッカーが好きである「あなたの為」だからです。

 

それは「自らのサッカー人生を変えたい」という想いを抱いている方に「好きなサッカー」だけで生活してもらいたいからです。『サッカービジネスコーチング』が目指すのは「好きなサッカー」を仕事にする人が増ていくことです。それが日本のサッカー文化が定着する「道しるべ」になると私は信じているからです。

 

 

■追伸3:この案内を読んでいるあなただけに向けたサービスです■

 

最後に『サッカービジネスコーチング』の記念すべき初回案内ということで、この案内を送らせていただき最後まで読んでいただけた「あなただけ」に限定サービスをさせてください。

 

そのサービスとは、通常29,800(ひと月・2回)合計3か月間89,400円となる『サッカービジネスコーチング』の価格を3か月間のうち、ひと月分となる29,800を免除して初回限定価格となる3か月間59,600円(初回のみ ※法人の場合は別途価格)としてご提供させていただきます。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

◇『サッカービジネス・コーチング』のお申し込みはこちらから◇

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

これはあくまで初回案内を送らせていただいた方のみであり、告知案内に記載した「受付け期限内」まで申し込みをされた方のみとなるサービスですので、このチャンスを逃さないためにも将来のことを熟慮されたうえでモチベーションの高いうちにご決断ください。

 

 

以上をもちまして『サッカービジネスコーチング』のご紹介を終わらせていただきます。長文を最後までお読み頂きありがとうございました!

 

それでは、『サッカービジネスコーチング』のコンサルティングであなたにお会いできることを楽しみにしております。

 

 

サッカービジネスアドバイザー・深澤秀淑(ふかさわ ひでとし)

 

 

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍