フットボール・マネーリーグ2016(2014-15シーズン)の検証5回目は20クラブの中3クラブがランク入りしたスペイン・リーガエスパニョーラです。

 

liga española

 

■再びワンツーフィニッシュに返り咲きのビッグ2

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2016年・1月時点の平均1€=約130円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

1位レアル・マドリー 750億円 [1位/741億円] チケット収入170億円、放映権料259億円、スポンサー料321億円

2位FCバルセロナ 729億円 [4位/654億円] チケット収入153億円、放映権料259億円、スポンサー料317億円

15位アトレティコ・マドリー 243億円 [15位/229億円] チケット収入49億円、放映権料112億円、スポンサー料82億

 

■予想された「トップの座」と「CL制覇によるランクアップ」

11年連続トップとなったレアル・マドリー。3部門の収入を見ると放映権料は減収になったもの他の2部門ともに増収になったことでトップの座を維持し、2014-15シーズンは無冠で終えたシーズンでしたが前回の『フットボールマネーリーグ2015』ではトップの座は安泰であるとしたとおりの結果となりました。

そして前回の4位から2位にランクアップしたFCバルセロナは『フットボールマネーリーグ2015』で2014-15シーズンのチャンピオンズリーグを制覇したことで再びランクアップが濃厚としたように再び2位に返り咲きました。

 

c1acbcaab9d28e3cea6928be2f3eadb1

 

3部門の収入ではチケット収入が前回より若干減収しましたが、それを補うことになった前回より67億円の増収のスポンサー料とともに微増となった放映権料によって再び2位ランクアップの要因になったといえます。

 

■収入増を狙うカギはビッグ2を脅かす存在になること

前回と同じ15位となったアトレティコ・マドリーに関しては、変動が無かった順位通り2014-15シーズンはシーズン開幕を告げるスーペル・コパではダービーのライバルであるレアル・マドリーを破り29年ぶりとなる2度目の優勝を果たしましたが、それ以外では前シーズンほどのインパクトは残せなかったシーズンとなりました

収入3部門の内訳では前回ランクアップの要因となった放映権料が減収となったもの前シーズンにチャンピオンズリーグ準優勝を成し遂げたことでスポンサー料が30億円ほど増収したことによって順位に影響を及ぼさなかったといえます

2015-16シーズンでは再びマドリーダービーとなったチャンピオンズリーグ決勝進出したことで収入増が予想されランキングも上がる可能性もあります。そして更なる収入増に繋げていくには常にビッグ2を脅かす存在になり続けていくことがポイントになるでしょう。

 

■『フットボール・マネーリーグ2017』の注目点は?

これにて「フットボール・マネーリーグ」の2016年版の検証を終えます。そして来年の『フットボール・マネーリーグ2017』では、2015-16シーズンのプレミアリーグで快進撃を続け初優勝を成し遂げたレスター・シティのランクインが確実視されることで何位にランクインするのかが注目されます。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍