イギリスのメディアによると2015年4月3日時点でプレミアリーグ制覇に向けて首位を走るチェルシーに関し、指揮官のジョゼ・モウリーニョが「5月下旬ころに日本へのツアーを行うかもしれない」と明かしたことを報じました。

正式な発表ではないことから不明瞭な点もあるなか、もし実現することになれば2月にチェルシーから発表されたスポンサーの影響によるものでしょう。

 

■プレミアリーグ2位となるユニフォーム・スポンサー契約

2月26日(現地時間)に日本のタイヤメーカー『横浜ゴム』と公式ユニフォーム・スポンサー契約を締結したとチェルシーが発表しました。

chelsea_yokohama

契約期間は2015-16シーズンからの5年間でトップチームからユースに至るまで全てのシャツに横浜ゴムのロゴが使われます。

公式には明らかにされていませんが、契約金の額は年間4,000万ポンド(約71億2,000万円)であるとされ、ユニフォーム・スポンサーとしてはマンチェスター・ユナイテッド(シボレー)の5,300万ポンド(約94億3,400万円)に次いでプレミアリーグで2位の契約金額だとされます。

 

■グローバル事業展開を後押しする包括的な契約

チェルシーと横浜ゴムとのユニフォーム・スポンサー契約については、これまで2005年から2015年までユニフォーム・スポンサーを務めてきた『サムスン』が撤退したことと併せて現地でも大きく報じられました。

そして、新たにユニフォーム・スポンサーとなった横浜ゴムもユニフォーム以外にホームスタジアム『スタンフォード・ブリッジ』への広告掲載やタイヤ関連の各種宣伝・販売促進物にチェルシーのロゴや選手・監督の使用などが可能となる包括的な契約です。

chelsea_yokohama2

chelsea_yokohama3

http://www.yrc.co.jp/release/?id=2403&lang=ja

 

横浜ゴムは、2014年12月期決算を営業利益・純利益ともに3年連続で過去最高を更新しており、なかでも海外での売り上げが伸びていることからも欧州をはじめ北米、アジアなどグローバルな事業展開を目指していることが契約に踏み切った理由だとされます。

 

■日本でのプロモーションに必要となる来日ツアー

そして冒頭のチェルシーによる来日ツアーの実現ですが可能性は全くないとは言い切れません。

これまでチェルシーは2012年9月に公式HPの日本語版開設、2013年3月にサッカースクール開校と日本でのマーケティング活動を実施してきましたが、それ以降は目立ったプロモーションを行っていません。

そのような状況のなかユニフォーム・スポンサーとなった横浜ゴムが、チェルシーを前面に押し出したプロモーションの一環として来日ツアーが実現する可能性があると思われます。

チェルシーも公式HPの日本語版開設から日本で主だったプロモーション活動を行っていなかったことでも3年越しとなる「ジャパン・プロモーション」を実現させたいところでしょう。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍