このほど、セリエAのACミランが2014年5月にオープンしたクラブオフィスとグッズショップ・ミュージアムなどを備えた総合施設『カーザ・ミラン』の正面にある旧見本市会場地を買収しミラン専用の新スタジアム建設の構想を練っているとイタリア・メディアが報じました。

 

■スポンサーと共同出資となる新スタジアム

新スタジアム構想を打ち出したのはバルバラ・ベルルスコーニCEОの発案だとされており、現在のホームスタジアムの『サン・シーロ』よりも市街地に近く交通の便の良さとカーザ・ミランの正面に備えることによる相乗効果を狙ったものだとしています。

milan_arena

milan_arena1

新スタジアム建設のプロジェクトはカーザ・ミランの建築家を務めた『ミラニスタ』でもあるファビオ・ノヴェンブレ氏も設計に携わり、2016年からの着工を目指すとしています。

その計画の具体案として2010年にユニフォーム胸スポンサー契約を締結したUAEの航空会社『エミレーツ航空』と12月1日に2020年まで合計約1億ユーロ(約146億円)のスポンサー契約の延長をバルバラCEОが発表したと同時にエミレーツ航空と共同出資で新スタジアム建設を進めることも示唆しました。

 

■経営面の話題が出るワケとは?

また、バルバラCEОはカーザ・ミランの収益発表も行い、発表時現在で20万人の来場者がカーザ・ミランを訪れ、その収益は200万ユーロ(約3億円)になったことも明らかにしました。

casa_milan

これまでのミランでは聞かれることがなかった「経営面」の報道が聞かれるようになった理由が、先ごろに明るみとなった2014年シーズンの決算で7,000万ユーロ(約102億円)を計上した赤字でしょう。

こうした要因に挙げられるのが『ファイナンシャル・フェアプレー制度』の導入によりオーナーの自己資金のクラブ投資が認められなくなったことによって容易な補強が厳しくなったことやチャンピオンズリーグ出場権も失ったことで放映権収入や入場料収入などの収益を得られなくなったことです。

 

■グローバル路線を拡大するバルバラCEО

損失を補うためバルバラCEОは中東およびアジア地域企業とのスポンサーまたはパートナーシップ契約の拡大に力を入れており、ミランは日本企業とも富士通とトーヨータイヤとスポンサー契約を結んでいますが10月には日本のコンビニエンスストア『ローソン』との交渉も報じられました。

casa_milan_opning

報道によるとローソンとの交渉では、カーザ・ミランを東京に建設する計画が進んでいることを伝えたとしており、カーザ・ミランの東京建設が実現した場合にローソンに対してテナント優先権などの条件を提示した可能性もあります。

 

かつてセリエAおよびチャンピオンズリーグに君臨してきたミランからは程遠いチーム状況ではありますが、しかしミランは世界各国に熱烈なファンを持つ「名門クラブ」のブランドを持つクラブでもあります。

そのブランドを最大限に活かしたブランディング活動をバルバラCEОは実行しているのでしょう。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍