フットボール・マネーリーグ2014(2012-13シーズン)の検証3回目は20クラブのうち4クラブがランクインしたドイツ・ブンデスリーガです。

 bundesliga

■順調に収入を増やすブンデスリーガ

※[]内は前年の順位および収入額、 レートは2014年・2月時点の1€=約140円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

3位バイエルン・ミュンヘン 603億円 [4位/437億円] チケット収入121億円、放映権料150億円、スポンサー料332億円

11位ボルシア・ドルトムンド 358億円 [11位/224億円] チケット収入84億円、放映権料122億円、スポンサー料152億円

13位シャルケ04 277億円 [14位/207億円] チケット収入59億円、放映権料88億円、スポンサー料130億円

17位ハンブルガーSV 189億円 [18位/143億円] チケット収入60億円、放映権料35億円、スポンサー料94億円

 

■CLファイナリストの2クラブが収入増

前回の4位から3位に順位を上げたバイエルン・ミュンヘンは、前回200億円を突破したスポンサー収入が300億円越えを果たし、2012-13シーズンはリーグ優勝とチャンピオンズリーグ制覇を果たしたことでテレビ放映権料が増えたことが3位に押し上げた要因となりました。

そのバイエルン・ミュンヘンとチャンピオンズリーグ決勝で対戦したボルシア・ドルトムンドもスポンサー収入も増やし、 テレビ放映権料も100億円を越すなどチームの成績と同様に運営面も充実したシーズンとなりました。

 

■低迷のHSV(ハー・エス・ファウ)がランクインした理由

13位のシャルケは前回の14位からひとつ順位を上げ、バイエルンとドルトムンドと同様にスポンサー収入と放映権料収入を伸ばしています。

そして17位のハンブルガーSVは前回の18位からひとつ順位を上げましたが、近年はリーグ戦で思うような結果が出ないハンブルガーSVがどのように収入が増えたのか?に関してフットボールマネーリーグによれば特にスポンサー収入が伸びており、ユニフォーム胸スポンサーの『エミレーツ航空』と2011年からホームスタジアム『イムテック・アレーナ』のネーミングライツを取得したオランダ企業『イムテック』からの収入の影響が大きいとしています。

hsv

しかし2013-14シーズンにはリーグ戦を16位で終え、昇格プレーオフを制して1部残留を果たすなど、低迷の影響が懸念されるところでしょう。

 

次回は4クラブがランクインしたイタリア・セリエAです。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍