バイエルン・ミュンヘンがクラブ史上最高売上高を達成 | サッカービジネス レポートファイル

ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘンが13日に行われた年次株主総会で2012-13シーズンにクラブ史上最高となる売上高を記録したことを発表しました。

 

2012-13シーズンでバイエルンは、欧州チャンピオンズリーグ・ブンデスリーガ1部・ドイツカップで優勝して初めて三冠達成の快挙を成し遂げるなど大きな躍進を遂げたシーズンであったことが、同時に売り上げにも反映されたことになります。

img_cba3267939351cfb7c22f0a34f5327e866504

 

クラブの発表によると本拠地『アリアンツ・アレーナ・スタジアム』の経営なども含む営業利益は11%増の9,560万ユーロ(約127億円)で純利益は30%増の1,400万ユーロ(約18億円)でした。また、株主にも825万ユーロ(約11億円・株券ごとに30セント)の配当が行われるとのこと。

これによりバイエルンは、総売上高で過去最高となる4億3,280万ユーロ(約575億円)を達成し、これまで4億ユーロ相当以上の収益を記録したのはマンチェスター・ユナイテッド・レアル・マドリー・FCバルセロナの3クラブのみでしたが、今回の株主総会での発表により新たにバイエルンも加わったことになります。

 

rummenigge_get_131113_variant524x295

総会で代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは「本当に素晴しい。これこそ、われわれが目指していたもの。チームは飛ぶ鳥を落とす勢いで、クラブも黒字経営。言うことなしだ」と喜びをあらわにしています。

 

4億ユーロ以上をすでに達成したマンチェスター・ユナイテッド・レアル・マドリー・FCバルセロナは純利益でもバイエルンを上回っていますが、しかしこの3クラブよりもバイエルンは大きなアドバンテージがあります。

それは負債が無いことに尽きます。それはマンチェスター・ユナイテッド・レアル・マドリー・FCバルセロナのいずれも100億単位の負債を抱えており、一方のバイエルンは高額な選手獲得などもほとんど行わず、地道なクラブ経営を行ってきた結果が負債を抱えずにいることを証明しています。

負債を生み出さずに売上高4億ユーロ超えを達成したバイエルンが事実上クラブ運営のトップでしょう。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍