サッカー選手にとって自分をサポートする数多くあり、裏方の職業のなかでも深い関わりを持つ「代理人」と並ぶのが『マネジメント会社』になります。

 

マネジメント会社は、企業・商品・イベント・人物・施設などのPR活動やスポーツ選手・文化人のマネジメントを行うPR会社であり、その業務内容はPRを中心としたコミュニケーション戦略のコンサルティングおよびPR活動の企画立案・実施、プロモーション戦略やイベントのに企画立案・実施、スポーツ選手・アーティストや文化人などのマネジメント業務、エンタテインメント事業のプロデュースおよびコンテンツの企画開発などに及び、サッカー選手からするとメディア対応のスケジュール調整およびPR活動の管理を代行してもらうことでサッカーに集中することが出来ます。

okazaki~1

 

日本でサッカー選手のマネジメント会社には、代理人としても知られるロベルト佃氏が社長を務め、中村俊輔・長友佑都・岡崎慎司らのマネジメントを行う『スポーツコンサルティングジャパン』や中田英寿氏のマネジメントを行う『サニーサイドアップ』など下記URLにあるように19社ほど存在します。

http://www.dmoz.org/World/Japanese/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E5%A8%AF%E6%A5%BD/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC/

 

その中でも多数のサッカー関係者のマネジメントを行っているのが、サッカー解説者で元日本代表監督だった加茂周氏の実弟・加茂建氏が社長を務める『ソル・スポーツマネージメント』です。

solspo

 

ソル・スポーツマネージメントは現役選手のマネジメントのほかに、福田正博氏・松木安太郎氏らサッカー解説者のメディア対応なども行い、業務内容も多岐に及びます。

 

狭きサッカー業界への就職事情のなかで特に狭き門であるのがマネジメント会社です。いわゆる求人で募集することは多く無く、多業種からのつながりで採用するケースがほとんどです。

マネジメント会社に就職するには他の業種でスキルを身に付けながら業界との繋がりを自ら開拓して機会を待つことが必要になります。

 

※参考文献『愛するサッカーを仕事にする本』(アスペクト)

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍