サッカークラブのフロントは主に強化部・管理部・事業部など3つの部門に分かれています。サッカークラブ事業もその他のビジネスと同様に「マーケティング」はサッカービジネスにも欠かせません。

 

その業務内容は、プレスリリースの発行・クラブ発行の会員紙と情報紙・ホームタウン向けポスター制作・テレビや新聞などメディアとのコミュニケーション・ホームページやモバイルサイト運営と広報に関することなどを行います。

他にも集客に関するチケット販売戦略でホームタウンとなる地域との交流イベントや試合当日のスタジアムに訪れたサポーターを楽しませるイベントの計画作成などクラブを応援する人々に向けた「サッカーマーケティング」を行います。

『マネジメント』の著者で知られる経済学者のピーター・ドラッカーはマーケティングについて「マーケティングの目的は、セールスを不要にすることだ。マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し、顧客に合った商品やサービスが自然に売れるような状況を作り出すことだ」と述べています。

サッカーの顧客となるのはクラブを愛するサポーターやファンであり、そのサポーターやファンの声に応え、その要望に応じた商品やサービスを展開することを意味します。

これはサッカーに限らずに全てのスポーツマーケティングにも通じます。

 

※参考文献『愛するサッカーを仕事にする本』(アスペクト)

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍