» サッカークラブ収入ランキングのブログ記事

フットボール・マネーリーグ2016(2014-15シーズン)の検証4回目は20クラブ中4クラブがランク入りしたイタリア・セリエAです。

 

serie a

 

 

■収入もリーグ成績と同様の勢力図

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2016年・1月時点の平均1€=約130円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

10位ユヴェントス 421億円 [10位/377億円] チケット収入68億円、放映権料258億円、スポンサー料95億円

14位ACミラン 259億円 [12位/337億円] チケット収入30億円、放映権料103億円、スポンサー料126億円

16位ASローマ 235億円 [ランク外/参考・171億円] チケット収入41億円、放映権料148億円、スポンサー料46億円

19位インテル・ミラノ 214億円 [17位/221億円] チケット収入29億円、放映権料126億円、スポンサー料59億円

 

■横ばいのユヴェントスと長期低迷するミラノ2クラブとの格差

前回と同様10位にランクインしたユヴェントスはリーグ連続優勝と併せてチャンピオンズリーグでファイナルに進出を果たしたことによる放映権料収入が増額したものスポンサー料が前回より20億円ほど減額した結果大きな変動は見られないランキングとなりました。

 

2014-15シーズンの低迷によって更なるランクダウンになることが予想されると前回で予想されたランキングとなったのがACミランとインテル・ミラノです。ミラン、インテルともに前回よりもさらに2ランクダウンとなりました。

まず両クラブに共通するのがリーグ戦での低迷によってミランは放映権料、インテルはスポンサー料と前回よりも著しく減収によって大幅なランクダウンにつなったことでしょう。

これは言うまでもなく、これまでの長期にわたるチーム不振によるものですが2015-16シーズンを振り返るとミハイロビッチ監督解任後に失速したことでリーグ戦を7位で終えたミランに対し苦しみながらもリーグ戦を4位で終えたインテルと、次回の『フットボール・マネーリーグ2017』ではランキング自体に大きな変動は見られなくても収入内訳では差が出るかもしれません。

 

■2年振りにランクインしたローマ

そして今回のランキングには2年振りにASローマが16位にランクインしました。収入の内訳をみると放映権料が突出しており、これは2013-14シーズンと2014-15シーズンの連続でリーグ戦2位となったことでチャンピオンズリーグ出場権を得たことによる放映権料収入で増額したと思われます。

 

20150810150838

 

あえて課題を挙げるとするなら2013-14シーズンから胸スポンサーが不在となっている状態が続いているように成績と反して「名門ローマ」のブランド復活には、まだ至っていないことを証明していると言えます。成績と共にブランディングを高める運営を行うことが必要になりそうです。

 

次回、検証シリーズはスペイン・リーガ・エスパニョーラです。

 

 

フットボール・マネーリーグ2016(2014-15シーズン)の検証3回目は20クラブの中3クラブがランク入りしたドイツ・ブンデスリーガです。

 

bundesliga

 

■3クラブともに前年同様の収入額

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2016年・1月時点の平均1€=約130円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

5位バイエルン・ミュンヘン 616億円 [3位/658億円] チケット収入116億円、放映権料138億円、スポンサー料362億円

11位ボルシア・ドルトムンド(GER):364億円 [11位/353億円] チケット収入70億円、放映権料107億円、スポンサー料187億円

13位シャルケ04(GER):286億円 [14位/288億円] チケット収入52億円、放映権料94億円、スポンサー料140億円

 

■変化の無さは健全経営の証

前回から2ランクダウンとなったバイエルン・ミュンヘンに関しては内訳を比較すると前年よりスポンサー料が30億円ほど減収したことがランキングに影響を及ぼしたと見られます。

そしてボルシア・ドルトムンドは前年と同様にチケット収入と放映権料は大きな変化は見られませんでしたがスポンサー料については前シーズンからさらに20億円ほどの増収となり、また前回から1ランクアップしたシャルケは3部門ともほとんど変化が見られませんでした。

2ランクダウンとなったバイエルン・ミュンヘンを除く2クラブに共通するのは、共にランキングが示すように大きな変動がなかったことであり、悪く言えば「無難な運営」を行っているだけということになりますが、よく言えば“損失を最小限に抑えた健全経営”を行っていることを証明したと言えます。

 

■プレミアリーグを意識した新契約

今回のランキングでも「健全運営」を心がけていることを証明したブンデスリーガの3クラブということになりますが、それによって思うような収入増にも繋がっていない印象を受けます。しかし2016年6月9日にブンデスリーガを運営するDFL(ドイツフットボールリーグ)が、2017-18シーズンからのテレビ放映権料契約を向こう4シーズンで総額46億4,000万ユーロ(約5,330億円)となる新たに締結したことを発表しました。

 

download

 

これは2013-14シーズンから結ばれている現行のものに比べると約1.85倍となることで変更点としては現在、ブンデスリーガ全試合を中継している大手メディア『Sky』がメインパートナーであることは変わらずに2017-18シーズン以降も務めることになりますが、新契約ではひつとにWebサービス会社『Amazon』がインターネットラジオでの中継を始め、もうひつとはブンデスリーガ1部の金曜開催試合(シーズン開幕戦とリーグ後半戦開幕戦を除く)、日曜開催の5試合、新たに導入される月曜開催の5試合、そして1部2部入れ替え戦などの放映権をスポーツ専門放送局『ユーロスポーツ』が獲得したことが大きな変更点となりました。

新たなテレビ放映権料契約結んだ裏側には、2014-15シーズン時のブンデスリーガのテレビ放映権料が8億3,000万ユーロ(約955億円)に対してイングランド・プレミアリーグは23億ユーロ(約2,645億円)と約2.7倍近くの差をつけられています。

収入面での欧州リーグトップを独走するプレミアリーグに追い付こうと、これまでの健全運営から攻勢を仕掛けたブンデスリーガの意気込みと言えるでしょう。しかし次回の『フットボールマネーリーグ2017(2015-16シーズン)』では今回と同様な結果になることが予想されますが、それ以降からは大きな変化が見られるかもしれません。

 

次回はイタリア・セリエAです。

 

 

フットボール・マネーリーグ2016(2014-15シーズン)の検証2回目は20クラブの中9クラブがランク入りしたイングランド・プレミアリーグです。

images

 

■前回よりさらに1クラブが加わり最多9クラブに

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2016年・1月時点の平均1€=約130円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

3位マンチェスター・ユナイテッド 675億円 [2位/699億円] チケット収入148億円、放映権料184億円、スポンサー料343億円

6位マンチェスター・シティ 602億円 [6位/559億円] チケット収入74億円、放映権料231億円、スポンサー料297億円

7位アーセナル 566億円 [8位/485億円] チケット収入172億円、放映権料218億円、スポンサー料176億円

8位チェルシー 546億円 [7位/523億円] チケット収入122億円、放映権料231億円、スポンサー料193億円

9位リヴァプール 509億円 [9位/413億円] チケット収入98億円、放映権料212億円、スポンサー料199億円

12位トッテナム・ホットスパー 335億円 [13位/291億円] チケット収入70億円、放映権料163億円、スポンサー料102億円

17位ニューカッスル・ユナイテッド 220億円 [19位/209億円] チケット収入45億円、放映権料131億円、スポンサー料44億円

18位エバートン 215億円 [20位/195億円] チケット収入32億円、放映権料148億円、スポンサー料35億円

20位ウエストハム・ユナイテッド 209億円 [ランク外/参考・188億円] チケット収入34億円、放映権料135億円、スポンサー料40億円

 

■最多ランクインも全体的に大きな変動は見られず

前回の2位から今回3位と1ランクダウンしたマンチェスター・ユナイテッドですが2013-14シーズンにリーグ優勝とチャンピオンズリーグ出場権を逃したことで2014-15シーズンは国内リーグおよびカップ戦のみとなったシーズンになりました。その影響にあったとみられるのがチケット収入と放映権料が減収になったもの前回に特に大幅増となったスポンサー料は今回もさらに増収となりブランド力の高さを示したものといえます。また同じマンチェスターをホームとするマンチェスター・シティは順位は前回と同じ6位となりチケット収入は若干ダウンしましたが放映権料とスポンサー料は増収に繋げました。

 

また、ランキングでも「ロンドンダービー」を繰り広げるチェルシーとアーセナルは前回の順位と入れ変わる順位となり順位変動の要因となったスポンサー料をアーセナルは増収したことでチェルシーを抜きましたが、それ以外の部門で大きな変動は両クラブともに無かったランキングとなりました。そして久々のチャンピオンズリーグ出場を果たしたリヴァプールは3部門ともに収入増となるも順位は前回と同じ9位に。

前回より、またひとつ順位を上げた12位のトッテナム・ホットスパーは目立った成績を残せなかったシーズンでしたがスポンサー料を大きく増収したことがランクアップに繋がったと思われます。さらに前回ランクインを果たしたニューカッスル・ユナイテッドとエバートンはともに2ランクアップを果たしたもの放映権料以外は大きな変動は見られず、2015-16シーズンのプレミアリーグで降格となったニューカッスル・ユナイテッドに関しては次回のランキングに影響を及ぼすことになる可能性があります。

 

■独自の運営展開を開始したウエストハム

そしてプレミアリーグの最多ランクイン数を伸ばす9クラブ目となった20位にランクインしたしたウエストハム・ユナイテッドをクローズアップします。

95c2eb4c-bedd-47ce-806c-8c0156fadb76

今回のランキングでは放映権料以外には高収入額とは言えませんが2015-16シーズンのプレミアリーグは7位と躍進を果たしました。そして2016-17シーズンからはウェスト・ハムは本拠地を『アプトン・パーク』から2012年のロンドン五輪のメイン会場だった『オリンピックスタジアムに』移すことになりますが、2016年5月に来シーズンのシーズンチケットを販売した5,2000枚が完売したことが発表されたことで今後チケット収入が増収したいくことが予想されます。

またウェスト・ハムは同じく2016年5月にプレミアリーグのクラブとして史上初めて「プロゲーマー」と契約を結んだことを発表し、契約を結んだショーン・アレン氏はサッカーゲーム「FIFA」で知られる「eSPORTS」の選手で2016年FIFAインタラクティブワールドカップで準優勝という成績を収めており、今後は背番号50番のウェスト・ハムのユニフォームを着用して大会に挑むことになるとしています。

 

こうした話題性のある取り組みによってマーケティング面での増収に繋がる可能性を秘めていることでも次回のランキングでは、さらにランクアップするかもしれません。

 

次回はドイツ・ブンデスリーガです。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍