» サッカークラブ収入ランキングのブログ記事

フットボール・マネーリーグ2017(2015-16シーズン)のの検証5回目は20クラブの中3クラブがランク入りしたスペイン・ラリーガです。

 

liga española

 

■11年連続トップが途絶えたレアル・マドリー

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2017年・1月時点の平均1€=約122円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

2位FCバルセロナ 757億円 [2位/729億円] チケット収入149億円、放映権料247億円、スポンサー料361億円

3位レアル・マドリー 756億円 [1位/750億円] チケット収入158億円、放映権料277億円、スポンサー料321億円

13位アトレティコ・マドリー 278億円 [15位/243億円] チケット収入44億円、放映権料170億円、スポンサー料64億

 

■「トップ陥落の要因」と「トップ奪還のカギ」

『フットボールマネーリーグ2017』での最大の出来事となったのが11年連続トップを維持し続けてきたレアル・マドリーが3位にランクダウンしたことに付きます。レアル・マドリーはトップをマンチェスターユナイテッドに奪われただけではなく、僅差とはいえFCバルセロナにも抜かれる結果となりました。3部門別の収入を見ると前回よりもチケット収入が12億円減収となったことが“トップ陥落”に繋がったと言えます。

しかしながら2015-16シーズンのチャンピオンズリーグを制覇したことでの収入増が見込まれることでも次回の『フットボールマネーリーグ2018』で再びトップ奪還となるか?に注目されます。

 

また結果的に前回と同じ2位となったFCバルセロナは3部門別の収入を見ると前回よりも50億円近くの増収となったスポンサー料によって「2位維持」に繋がったといえます。

 

■脅かす存在とは程遠い収入面

前回より2ランクアップの13位となったアトレティコ・マドリーですが、前回の検証で予想した通りにチャンピオンズリーグ決勝進出したことで3部門別の収入では前回よりも60億円近くの大幅増収となった放映権料による影響が大きかったようです。

しかしながら2016-17シーズンは目立った成績を残せなかったことでもランキングも変動する可能性があり、収入面ではビッグ2を脅かす存在になることは厳しいでしょう。

 

■『フットボール・マネーリーグ2018』の注目点は?

これにて「フットボール・マネーリーグ」の2017年版の検証を終えます。そして来年の『フットボール・マネーリーグ2018』は、先述したようにレアルマドリーが再びトップを奪還するのか?トップとなったマンチェスターユナイテッドがトップを守れるのか?に注目です。

 

 

フットボール・マネーリーグ2017(2015-16シーズン)の検証4回目は20クラブ中4クラブがランク入りしたイタリア・セリエAです。

 

serie a

 

 

■ランクイン数およびチームともに変動ナシ

※[]内は前年の順位および当時の金額。レートは2017年・1月時点の平均1€=約122円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

10位ユヴェントス 416億円 [10位/421億円] チケット収入54億円、放映権料238億円、スポンサー料124億円

15位ASローマ 266億円 [16位/235億円] チケット収入36億円、放映権料187億円、スポンサー料43億円

16位ACミラン 261億円 [14位/259億円] チケット収入31億円、放映権料107億円、スポンサー料123億円

19位インテル・ミラノ 218億円 [19位/214億円] チケット収入31億円、放映権料120億円、スポンサー料67億円

 

■リーグ戦の結果を反映した変動の無いセリエA

今回のランキングも前回と同じ10位にランクインしたユヴェントスは前回増収となった放映権料収入が20億円ほど減額し、一方で前回よりも35億円の増収となったスポンサー料によって結果論であるといえランキングの順位に変動ナシという結果になりました。次回の『フットボール・マネーリーグ2018』となる2016-17シーズンではCL決勝まで勝ち進んだことでの収入増によって毎回10位から「ひとケタ順位」にランクアップすることになるのか?が注目されます。

 

そして前回のランキングで16位だったASローマが15位にランクインしました。ランクアップの要因は前回よりも大幅増収となった放映権料収入によるものでCL出場が大きいと思われます。

 

前回、『フットボール・マネーリーグ2017』ではランキング自体に大きな変動は見られなくても収入内訳では差が出るかもしれと予想しましたが、結果としてランキングではACミランが前回よりも2ランクダウンの16位となりインテル・ミラノは前回と同じ19位となりました。

また収入面は両クラブともに大きな変動は見られなかったことでも2015-16シーズンのリーグ戦も思うような成績を残せなかった状況を収入面でも表れたといえるでしょう。

 

■経営危機の予兆は可能だったのか?

そして次回の『フットボール・マネーリーグ2018』で注目したいのはACミランのランキングと収入額です。2017-18シーズンはオーナー変更に伴いユヴェントスからイタリア代表DFのボヌッチをはじめとした大補強を慣行しましたが2017年12月時点でリーグ戦では不振が続く状況となり、さらに追い打ちをかけているのがUEFAが定めるファイナンシャルフェアプレー違反に抵触する可能性も高まる経営危機が指摘されています。

『フットボール・マネーリーグ2018』のランキングと収入額によって経営危機の予兆は可能だったのか?を見極めるランキングになるかもしれません。

 

 

次回、検証シリーズはスペイン・リーガ・エスパニョーラです。

 

 

フットボール・マネーリーグ2017(2015-16シーズン)の検証3回目は20クラブの中3クラブがランク入りしたドイツ・ブンデスリーガです。

 

bundesliga

 

■収入面で一歩抜き出るバイエルン・ミュンヘン

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2017年・1月時点の平均1€=約122円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

4位バイエルン・ミュンヘン 722億円 [5位/616億円] チケット収入124億円、放映権料180億円、スポンサー料418億円

11位ボルシア・ドルトムンド(GER) 346億円 [11位/364億円] チケット収入75億円、放映権料100億円、スポンサー料171億円

14位シャルケ04(GER) 273億円 [13位/286億円] チケット収入62億円、放映権料91億円、スポンサー料120億円

 

■リーグ戦の成績を反映

前回のランキングで大きく減収となったバイエルン・ミュンヘンでしたが今回は3部門ともに「増収」となり、特に前回ランクダウンの要因となったスポンサー料が50億円増となったことがランクアップに繋がったと言えるでしょう。

それに対してボルシア・ドルトムンドはランキングは前年と同順位とはいえ3部門ともに「減収」とバイエルン・ミュンヘンとは対照的な結果となりました。前回は1ランクアップしたシャルケも今回は減収が目立ったことによってランキングも再び1ランクダウンとなりました。

今回のランキングとして大きな特徴といえるのはバイエルン・ミュンヘンの大幅増収が際立ったといえます。その一方で今回も“代わり映えが無かった”ドルトムンドとシャルケと収入面でもバイエルン・ミュンヘンに独走を許すリーグ戦を表わしていると言えます。

 

■ブンデスリーガの新たなる勢力

前回で予想したように今回のランキングに関しては大きな変化は見られませんでした。次回の『フットボールマネーリーグ2018』となる2016-17シーズンもバイエルン・ミュンヘンの独走状態が確実であることやランキングの常連となっているドルトムンドとシャルケに関しても変化がみられないと予想します。

 

あえて言うのであれば、次回の『フットボールマネーリーグ2018』にトップ20以内にランクインするかは未知数ではあるもの2016-17シーズンのブンデスリーガで昇格1年目として2位となった『RBライプツィヒ』の収入面動向でしょう。

 

 

規則抵触の回避のためチーム名にある「RB」をRasenBallsport(直訳すると「芝生球技」)をクラブ名としていますが、オーストリアの飲料メーカー『レッドブル』が表向きはスポンサーとして一部保有権を持つ形を取ってはいますが事実上は『レッドブル』が運営するクラブであることでも今後も注目するべきクラブだと言えます。

 

次回はイタリア・セリエAです。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍