» サッカー・マネージメントのブログ記事

Pocket

前回の前編では、欧州クラブとは対照的にJリーグではアカウントを取得するクラブが少ない写真共有ソーシャルネットワーキングサービス(以下・SNS)『インスタグラム』をJ1・横浜Fマリノスが行った日本のプロスポーツ界初となるイベントによって既存サポーターおよび新たな顧客に向けたPRを皮切りに視覚で伝えるインスタグラムがJクラブの新たなツールになる可能性について紹介しました。

そして後編となる今回のレポートでは主に情報収集や繋がりなどを目的としてSNSは活用されているイメージがありますが、それに付随する要素として「求人」に特化したSNSを利用する動きも出てきました。そんな「求人」に特化したSNSを欧州のサッカークラブが利用した事例を交えながら日本でも主流になる可能性について触れていきます。

 

■ビジネスに特化したSNS

2003年5月にサービスを開始し、全世界で3億人を超えるユーザー登録者数を有するアメリカ・シリコンバレーに本社を置く世界最大級のビジネス特化型SNSが『LinkedIn(以下・リンクトイン)』です。

 

linkedin-logo1

 

リンクトインは利用者がビジネス専用のプロフィールを作成し、サービスの中でビジネスのつながりを広げながらビジネスパートナーや人材を探したり営業先の顧客や商談先、専門家などとコンタクトを取ることができるSNSとして会員登録者と登録企業を増やしてきました。また、2011年10月には日本法人が設立され日本語対応も実現しています。

 

linkedin_jp_121124_1

 

日本では現在、登録者数は100万人ほどとSNSとして認知度は低いもの『楽天』をはじめとしたグローバル展開をする企業などはすでに求人情報をリンクトインに公開しており欧州のサッカークラブもリンクトインを有効に活用しています。

 

■クラブが求める人材をいち早く探すサービス

最近ではイタリア・セリエAのユヴェントスがグローバルビジネス分野のマーケティングを専門とするマネージャーを公式サイトで募集しました。

 

DSCN0598

 

募集内容としては6項目ほどの業務内容をはじめ、5つほどの採用条件、求める人物像などが掲載されています。そしてユヴェントスは同じ内容の求人募集をリンクトインにも公開したのです。

 

DSCN0596

 

ユヴェントスが求む専門的な知識や経験が求められる人材をいち早く探し出すには公式サイトのみだと時間を要することが予想されるなか、同時にビジネスに特化したリンクトインに求人公開することによっていち早く見つける可能性を高める意味でもサッカークラブがリンクトインを活用するのは必然といえるでしょう。

 

■有効に活用するのはクラブ次第

このリンクトインを利用した欧州のサッカークラブが注目を集める象徴的な出来事がありました。それは2016年1月の移籍市場のさなかにスロベニア1部リーグのサッカークラブ『NKドムジャレ』がリンクトインに「右SBが出来る人はいませんか?」とする求人募集を公開したのです。

これを報じたイギリスのテレビ局『BBC』によるとドムジャレは、これまで右SBで主将も務めていた選手がトルコリーグに移籍したことで穴埋めとなる選手を探すことになるもの予算の関係上、有望な選手を探すことが難しい状況でした。そこでリンクトインに「EUパスポートを持った右SB」「我々は攻撃的な3-4-3のシステムを使っています」などの条件を記載して求人公開したのです。

そして、この求人に応募したのがスペイン人DFのアルバロ・ブランチで、ブランチはベティスやエスパニョールのセカンドチームでプレーした後にキプロスやハンガリーのクラブでプレーした経験を持つ選手でした。

 

20160204-01613747-gekisaka-000-view

 

最終的には1週間の練習参加を経てドムジャレはブランチと契約を結び、クラブの公式サイトには欧州各国メディアが前代未聞となるリンクトインを利用した選手獲得について報道した様子を公開しました。これについてはクラブ関係者も「私たちがこのような選手補強の先駆けになると信じている」と述べたとしています。

 

まだ日本では浸透されていないリンクトインですが、すでに海外では公的なサービスとして広く用いられています。冒頭で述べたように現在の登録数が100万人ほどがいることを見れば、これから利用する企業をはじめ派遣会社などによる転職市場ではリンクトインの重要性が高まる可能性があります。

それによってJクラブもこの先、選手獲得までとはいかなくてもクラブスタッフの求人募集を公開するに至って不可欠なSNSとして活用することも考えられますし、さらに様々なカテゴリーのサッカークラブをはじめサッカースクールなどもリンクトインを利用する価値は十分にあるはずです。

 

 

Pocket

昨今、各企業やメーカーが自社の製品およびサービスなどの情報を顧客に向けて発信するために『ツイッター』や『Facebook』といったソーシャルネットワーキングサービス(以下・SNS)を利用することはすでに必須となっており、それはサッカークラブの運営でも同じことがいえます。

最近ではJリーグの各クラブもツイッターやFacebookをメインとするSNSを積極的に活用するようになってきましたが、これまでのクラブや選手の情報発信するための「ツール」から「クラブの個性」を押し出しすクラブが出てきました。そこでサッカークラブによるSNS活用が新たなステージに突入したことを示す事例となるケースを前・後編に渡って取り上げます。

 

■日本のプロスポーツ界初のイベント

2016年4月10日に『日産スタジアム』で行われた横浜Fマリノスvs浦和レッズ戦の会場で横浜Fマリノスは、写真共有SNS『インスタグラム』を使った「#エンプティ(empty)プロジェクト」とするイベントを行いました。

160418aszka003_588x

これは『インスタグラマー』と呼ばれるインスタグラムの投稿者に試合前での観客のいないスタジアムやロッカールームを撮影して投稿してもらう取り組みで日本のプロスポーツ界では初めて行われたイベントです。

投稿された写真にはサポーターなどから多くの「いいね!」が寄せられ、サッカークラブとは無縁の「写真家」に「スタジアム」という素材を提供することで様々なインスタグラマーに対するPRへ繋げることになりました。またイベントには試合に合わせてインスタグラム共同創業者でCEOのケビン・シストロム氏が初来日したのです。

 

■写真・動画によるファンへのアピール

試合観戦に訪れたシストロム氏は、イベントについて「インスタグラムは、選手・チーム・ファンそれぞれが写真や動画を通して繋がることができる場を提供している。たとえば多くのスポーツ選手がインスタグラム上で練習や試合後などの舞台裏をシェアし、ファンと活発に交流している。ビジュアルは言語の壁を超えてコミュニケーションを図ることができるツールであり世界の共通言語」とインスタグラムならではのことだと述べました。

MK-CP680_INSTAW_P_20140929172441

一方の横浜Fマリノスは、ターゲットを既存のファンとまだ横浜Fマリノスを知らない人の両方だとし「サポーター向けにこれまでは良い写真を提供する機会がなかったがインスタグラムは写真に特化している点が利点であり良い写真を提供できるようになり、マリノスを知らない人には写真のイメージやタグ付けした言葉から我々のことを知ってもらいたい」と期待を寄せます。

 

■視覚効果によるPRと集客の可能性

すでに欧州クラブでは、インスタグラムのアカウントを取得してフォロワーを増やすなどして積極的に活用していることに対し、Jリーグクラブでインスタグラムのアカウントを取得しているのは今回の横浜Fマリノスをはじめ浦和レッズ・川崎フロンターレ・FC東京など4クラブのみとJリーグでは浸透されているとは言えない状況です。

ツイッターやFacebookと比べて、まだ日本では浸透されていないインスタグラムをシストロム氏は横浜Fマリノスのイベントを皮切りにJリーグをはじめ日本の各スポーツチームや団体に向けてインスタグラムの活用術となるモデルケースとするPR目的だったと見られます。

 

ビジネス上では視覚効果を狙ったマーケティングが重要視されていることでも顧客となるファンやサポーターに視覚で伝えるインスタグラムはJリーグクラブにとって有効なツールになるでしょう。

これはプロサッカークラブだけに限ったことではなく、育成年代のサッカークラブやサッカースクールもインスタグラムのアカウントを取得することでPRと集客に繋がる可能性を秘めているはずです。

 

 

Pocket

2015年2月・サッカー用品に新たなブランドが誕生します。それは1906年にアメリカ・ボストンで矯正靴の製造メーカーとして誕生して1960年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始するなど100年以上の歴史から培ったランニングをはじめとした技術革新を生み出してきた『ニューバランス』です。

new-balance

 ■ブランド向上のためのサッカー市場参入

2月4日にイギリス・ロンドンでフットボール市場への参入を発表し、会見の席にはマルアヌ・フェライニ、アドナン・ヤヌザイ、アーロン・ラムジー、フェルナンド・レジェス、バンサン・コンパニ、サミル・ナスリ、ヘスス・ナバスらが出席してニューバランスのPRを行いました。

new-balancejapan

そして翌5日には東京で参入発表会見を行い、『ニューバランス・ジャパン』の冨田智夫代表取締役社長は、「日本でサッカーは野球とともに消費者の方の関心が高いカテゴリーであり、サッカーはこれまで足を踏み入れていないビジネスだった。我々にとっては逆に新しい消費者の方と新しい関係を築ける場にもなる」と述べ、同会見に出席したニューバランス本社・上級役員のアラン・ヘッド氏は、「トップ3になるためには世界最大のスポーツの分野に入らないといけない。つまりフットボールに参入しなければいけない」と世界で最も人気のあるサッカー市場に参入した理由を明らかにしました。

 

■傘下メーカーから親メーカーへの切替え

ニューバランスが発表したサプライヤー契約クラブと契約プレーヤーは以下になります。

 

◇サプライヤー契約クラブ

リヴァプール 、ストーク・シティ(イングランド)、FCポルト(ポルトガル)、  セビージャ(スペイン)、サガン鳥栖モンテディオ山形(日本)

そして3月5日にはセルティック(スコットランド)との契約も発表。

 

◇契約プレーヤー

アーロン・ラムジー(アーセナル)、アドナン・ヤヌザイ 、マルアヌ・フェライニ(マンチェスター・ユナイテッド)、ヴァンサン・コンパニ 、サミル・ナスリ 、ヘスス・ナバス、フェルナンド・レジェス(マンチェスター・シティ)、アルバロ・ネグレド(バレンシア)、ニキツァ・イェラヴィッチ(ハル・シティ) 、ティム・ケイヒル(上海申花)

小笠原 満男(鹿島アントラーズ)、菊地 直哉(サガン鳥栖) 、中島 裕希(モンテディオ山形)、安川 有(大分トリニータ)

注目点では、これまでリヴァプールをはじめストーク・シティ、セビージャ、サガン鳥栖のサプライヤーだった『ウォリアー』がニューバランス傘下の企業だったことで親会社のニューバランスが打って変わって参入する形式となりました。

そして一部で報じられた範囲ではリヴァプールと3億ポンド(約546億円)の規模、3月5日に発表されたばかりのセルティックとは5年で総額2,900万ポンド(約53億円)の1年換算では580万ポンド(約10億円)規模の契約を締結したとされます。

we-are-new-balance-football

また、契約プレーヤーも日本からは4選手と契約を結び、海外ではプレミアリーグのプレーヤーが多数を占めている印象ですが今後はさらに契約プレーヤーは増えていくと思われます。

 

■新たなサッカーブランドへの地位確立を狙う

ニューバランスのサッカー市場参入に関しては2014年11月の『EURO2016』予選・ベルギー代表vsウェールズ代表戦でアーロン・ラムジーが「N」マークのスパイクを着用していたことで参入が近いのではと噂されていました。

初めてのサッカー市場参入と思われがちですが、1980年代から90年代にかけてマンチェスター・ユナイテッドに所属しイングランド代表のキャプテンを務めたブライアン・ロブソンのサプライヤーだった時期があります。

そして今回の参入はニューバランスにとっては満を期しての再挑戦であり、大体的なプロモーションも『アディダス』、『ナイキ』、『プーマ』といったサッカー市場で名を馳せるメーカーに対抗するための戦略を発表前から計画してきたと見られます。

これからニューバランスがランニングシューズ製造の技術を、どのようにブランディングしていくのかによって「サッカーブランド」としての地位確立に繋がっていくことになるでしょう。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍