» フランス・リーグアンのブログ記事

フットボール・マネーリーグ2014(2012-13シーズン)の最初となる検証1回目は20クラブのうち1クラブのみがランクインしたフランス・リーグアンです。

 

lugue1

■リーグアンで唯一ランクインしたPSG

※[]内は前年の順位および収入額、 レートは2014年・2月時点の1€=約140円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

5位パリ・サンジェルマン 558億円 [ランク外/参考・470億円] チケット収入75億円、放映権料127億円、スポンサー料356億円

リーグアンで唯一のトップ20に入ったパリ・サンジェルマンの収入3部門の内訳を見るとスポンサー収入が356億円と全体の64%を占め、その他2部門を合わせても36%と収入の7割近くをスポンサー収入で得ていることになります。

 

■PSGの実質スポンサー『カタール観光局』

そのスポンサー収入の多くを占めているのが、2016年まで総額10億ドル(約1,000億円)とされるスポンサー契約を締結した『カタール観光局』によるものです。

Qatar Tourism Authority

 

それを象徴するのが、2012-13シーズン前にズラタン・イブラヒモビッチをはじめエセキエル・ラベッシ、マルコ・ヴェッラッティ、チアゴ・シウバなどの大型補強を行いシーズン途中の2013年からはデビッド・ベッカム獲得と、豊富な資金を得たことを示しました。

 

■FFP違反による処分

2013-14シーズンもエディンソン・カバーニを獲得し、リーグアン2連覇とチャンピオンズ・リーグでも2大会連続でベスト8入りを果たしたパリ・サンジェルマンにも大きな逆風が吹きます。

欧州サッカー連盟(UEFA)が2013-14シーズンから施行したファイナンシャルフェアプレー(FFP)に違反したとしてパリ・サンジェルマンに対し、2014-15シーズンからのチャンピオンズ・リーグ登録可能人数25名から21名への制限と6,000万ユーロ(約82億円)の罰金を3年以内に支払うこと、6,000万ユーロの移籍金総額制限・年俸総額増加の禁止が科されました。

パリ・サンジェルマンにとって2014-15シーズンは3,000万ユーロ(約42億2,000万円)の赤字削減をシーズン終了までに行うことも義務付けられていることで、大きな節目のシーズンになります。

 

次回は『フットボールマネーリーグ2014』でも最多6クラブがランク入りしたイングランド・プレミアリーグです。

 

 

 

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

21日にフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンが2014年から2016年のプレシーズンにアジア遠征および現地での親善試合を行うことを発表しました。

 

遠征の詳細についてパリ・サンジェルマンのゼネラル・ディレクターであるジャン・クロード・ブランは「来年から3年間、われわれは夏にアジアへ遠征する。その中でインドネシアは最も優先度が高い国の1つであり、ただ訪問するだけでなく親善試合も行う」とコメント。

10190_376627712447492_695751328_n

そしてインドネシア遠征の計画発表と併せ、同日には公式ウェブサイトのインドネシア語版をスタートさせることも明らかにしました。

また、ブランは「インドネシアに行くのは3年のうち1年だ」として、他に日本や中国でも試合を行う可能性があると示唆しています。

 

前触れもなく発表されたパリ・サンジェルマンのアジア遠征ですが、今夏のプレシーズンにマンチェスター・ユナイテッドが日本をはじめとするアジア地域に遠征を実施して大きな成果を上げ、それと同じくプレミアリーグからアーセナルもアジア遠征を行っています。

こうしたプレミア勢の動向や成果にパリ・サンジェルマンがアジアに着目したことは、ごく自然な流れでしょう。

o0650043312612712516

しかしアジアでのブランディングに必要不可欠なのがクラブの顔となる『スター選手』であり、パリ・サンジェルマンにとって懸念されるのが高額所得のリーグ・アン所属選手も課税対象でレポートした『富裕税』の動向です。

クラブの顔となるスター選手は、必然的に高額年棒となり『富裕税』の課税対象となります。これによりクラブからスター選手が去るような事態になった場合、アジア遠征にも影響を及ぼす可能性があります。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍