» フランス・リーグアンのブログ記事

アメリカの国際監査法人『デロイト』が毎年公表してるサッカークラブの収入長者番付「フットボール・マネーリーグ」の2017年版(2015-16シーズン)の検証シリーズです。以下が2017年版にランクインした20クラブになります。

 

 

https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/uk/Documents/sports-business-group/deloitte-uk-sport-football-money-league-2017.pdf

 

1位マンチェスター・ユナイテッド(ENG):840億円 [3位/675億円]

2位FCバルセロナ(ESP):757億円 [2位/729億円]

3位レアル・マドリー(ESP):756億円 [1位/750億円]

4位バイエルン・ミュンヘン(GER):722億円 [5位/616億円]

5位マンチェスター・シティ(ENG):640億円 [6位/602億円]

6位パリ・サンジェルマン(FRA):635億円 [4位/625億円]

7位アーセナル(ENG):571億円 [7位/566億円]

8位チェルシー(ENG):546億円 [8位/546億円]

9位リヴァプール(ENG):492億円 [9位/509億円]

10位ユヴェントス(ITA):416億円 [10位/421億円]

11位ボルシア・ドルトムンド(GER):346億円 [11位/364億円]

12位トッテナム・ホットスパー(ENG):341億円 [12位/335億円]

13位アトレティコ・マドリー(ESP):278億円 [15位/243億円]

14位シャルケ04(GER):273億円 [13位/286億円]

15位ASローマ(ITA):266億円 [⚠16位/235億円]

16位ACミラン(ITA):261億円 [14位/259億円]

17位ゼニト・サンクトペテルブルク(RUS):239億円 [⚠ ランク外/参考・218億円]

18位ウエストハム・ユナイテッド(ENG):234億円 [⚠ 20位/209億円]

19位インテル・ミラノ(ITA):218億円 [19位/214億円]

20位レスター・シティ(ENG):210億円 [ランク外/参考・億円]

 

※ESP=スペイン、ENG=イングランド、GER=ドイツ、ITA=イタリア、FRA=フランス、RUS=ロシア

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2017年・1月時点の平均1€=約122円で換算。

※⚠ のクラブは前回のレポート公開後に変更されたことによって新たにランクインまたはランク外となっており、あくまでレポート内で公開したランキングを基にしておりますので予めご了承ください。

 

■レアル・マドリーの連続トップを阻止したマンチェスター・ユナイテッド

2017年版ランキングの「最大のサプライズ」となったのは、これまで11年連続トップを維持してきたレアル・マドリーが3位にランクダウンしたことでしょう。そしてレアル・マドリーの12年連続トップを阻止してトップになったのがマンチェスター・ユナイテッドとなりました。トップとなったマンチェスター・ユナイテッドの収入3部門の内訳に関してはプレミア・リーグ編で詳細を検証したいと思います。

 

また、それ以外の特徴としては前回のランキングの順位と比較してほとんどが同順位のクラブが多く、ほぼ順位に変動が見られなかったことでしょう。そして、もうひとつ2017版ランキングの注目ポイントとしては「奇跡の優勝」と代替的に報じられ2015-16シーズンのプレミア・リーグの優勝を果たしたレスター・シティが20位にランクインしたことに尽きます。

 

国別では、前回の9クラブから8クラブに減ったとはいえ今回も最多クラブ数を維持したプレミアリーグをはじめ、セリエA4クラブ、ブンデスリーガ3クラブ、リーガエスパニョーラ3クラブ、リーグアンおよびロシアプレミアリーグ1クラブでトップ20が構成されるランキングとなりました。

 

■欧州サッカー界に影響を及ぼす存在となったパリ・サンジェルマンとロシアから初ランクインのゼニト・サンクトペテルブルク

 

そして2017年版でそれぞれ唯一となったリーグアンのパリ・サンジェルマンとロシアプレミアリーグのゼニト・サンクトペテルブルクの2クラブを取り上げます。

※[]内は前年の順位および収入額、 内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

 

6位パリ・サンジェルマン 635億円 [4位/625億円] チケット収入113億円、放映権料150億円、スポンサー料372億円

 

 

17位ゼニト・サンクトペテルブルク 239億円 [⚠ ランク外/参考・218億円] チケット収入13億円、放映権料49億円、スポンサー料177億円

 

まずは前回のランキングでの4位から6位にランクダウンしたパリ・サンジェルマンですがランクダウンしたとはいえ、収入3部門のうちチケット収入と放映権料は微増しており事実上は前回と‶ほぼ横ばい″といえる結果といえるでしょう。そして「良くも悪くも」欧州サッカー界に影響を及ぼす存在となったパリ・サンジェルマンにとって‶不安要素″といえるのはファイナンシャルフェアプレー違反による制裁を受ける可能性だけではないかと思われます。

そしてロシアプレミアリーグから唯一のランクインとなったゼニト・サンクトペテルブルクの収入3部門の内訳を見ると圧倒的にスポンサー料が7割強を占めており、今後もフットボール・マネーリーグのトップ20入りには継続的な欧州主要カップ戦の出場が不可欠であるといえます。

 

次回は、最多8クラブのランクインとなったイングランド・プレミアリーグです。

 

アメリカの国際監査法人『デロイト』が毎年公表してるサッカークラブの収入長者番付「フットボール・マネーリーグ」の2016年版(2014-15シーズン)の検証シリーズです。以下が2016年版にランクインした20クラブとなります。

 

unspecified

 

http://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/global/Documents/Audit/deloitte-uk-sport-football-money-league-2016.pdf

 

1位レアル・マドリー(ESP):750億円 [1位/741億円]

2位FCバルセロナ(ESP):729億円 [4位/654億円]

3位マンチェスター・ユナイテッド(ENG):675億円 [2位/699億円]

4位パリ・サンジェルマン(FRA):625億円 [5位/640億円]

5位バイエルン・ミュンヘン(GER):616億円 [3位/658億円]

6位マンチェスター・シティ(ENG):602億円 [6位/559億円]

7位アーセナル(ENG):566億円 [8位/485億円]

8位チェルシー(ENG):546億円 [7位/523億円]

9位リヴァプール(ENG):509億円 [9位/413億円]

10位ユヴェントス(ITA):421億円 [10位/377億円]

11位ボルシア・ドルトムンド(GER):364億円 [11位/353億円]

12位トッテナム・ホットスパー(ENG):335億円 [13位/291億円]

13位シャルケ04(GER):286億円 [14位/288億円]

14位ACミラン(ITA):259億円 [12位/337億円]

15位アトレティコ・マドリー(ESP)243億円 [15位/229億円]

16位ASローマ(ITA):235億円 [ランク外/参考・171億円]

17位ニューカッスル・ユナイテッド(ENG):220億円 [19位/209億円]

18位エバートン(ENG):215億円 [20位/195億円]

19位インテル・ミラノ(ITA):214億円 [17位/221億円]

20位ウエストハム・ユナイテッド(ENG):209億円 [ランク外/参考・188億円]

 

※ESP=スペイン、ENG=イングランド、GER=ドイツ、ITA=イタリア、FRA=フランス

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2016年・1月時点の平均1€=約130円で換算。

 

■放映権料の恩恵を受けるプレミアリーグの最多数化

2016年版は2015年と比較すると順位の変動が目立ったランキングとなりました。ランクダウンでは上位から辿るとマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘンがダウンし、またACミランとインテル・ミラノといったセリエAを象徴する2クラブが成績不振による影響により大きくダウンしたことが特徴です。

逆にランクアップを見ると前回はランク外だったASローマが16位にランクインを果たしました。また前回ランクインしたニューカッスル・ユナイテッドとエバートンが2ランクアップを果たし、さらに前回はランク外で今回20位にランクインしたウエストハム・ユナイテッドが加わったことでプレミアリーグの主収入源となりつつあるテレビ放映権料の恩恵を今回も受ける結果となりました。

 

国別では、前回の8クラブから1クラブが増えたプレミアリーグの9クラブをはじめ、セリエA4クラブ、ブンデスリーガ3クラブ、リーガエスパニョーラ3クラブ、リーグアン1クラブと国別でもトップ20にランクインするクラブが5カ国に限定される傾向になっていることを表したといえます。

 

■収入でもリーグアンを独走するパリ・サンジェルマン

そして2016年版では唯一、リーグアンからランクインしたパリ・サンジェルマンから取り上げたいと思います。

※[]内は前年の順位および収入額、 内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

lugue1

 

4位パリ・サンジェルマン 625億円 [5位/640億円] チケット収入101億円、放映権料138億円、スポンサー料386億円

 

前回のランキングでは2014-15シーズンからファイナンシャルフェアプレー違反による制限を受けることへの影響を示唆しましたが、収入3部門の内訳ではチケット収入は前回の85億円から101億円に増額しましたが、クラブの主な収入源であるスポンサー収入は前回の442億円から386億円に下がったことは制限による影響があったものと思われます。そして前回より総収入はダウンしましたがランキングでは1ランクアップの4位という結果となりました。実力とともにリーグアンはパリ・サンジェルマンの独走状態は継続されていくでしょう。

 

次回は、さらに1クラブが加わり最多9クラブのランクインとなったイングランド・プレミアリーグです。

 

フットボール・マネーリーグ2015(2013-14シーズン)の検証1回目は、今回も20クラブのうち1クラブがランクインしたフランス・リーグアンです。

 

lugue1

■収入でもリーグアンでは断トツ

※[]内は前年の順位および収入額、 レートは2015年・2月時点の1€=約135円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

5位パリ・サンジェルマン 640億円 [5位/558億円] チケット収入85億円、放映権料113億円、スポンサー料442億円

今回もリーグアンで唯一のトップ20入りしたパリ・サンジェルマンの収入3部門の内訳はスポンサー収入が442億円と前回よりもさらに増収となったことによりほぼ7割近くを占め、そして前回から10億円ほど減収となった放映権料と微増となったチケット収入を差し引いても増収したスポンサー収入によりリーグアンでは他クラブの追随を許さない状態を堅持しています。

 

■ファイナンシャルフェアプレー違反による処分

2013-14シーズンは、ナポリから獲得したエディンソン・カバーニがチームに適応したこともありリーグアン2連覇とチャンピオンズ・リーグで2大会連続のベスト8入りを果たした飛躍となるシーズンとなりました。

508c50ba

しかし同シーズンより欧州サッカー連盟(UEFA)が施行したファイナンシャルフェアプレーに違反したことによって2014-15シーズンからチャンピオンズ・リーグの登録可能人数25名から21名への制限および6,000万ユーロ(当時・約82億円)の罰金を3年以内に支払うこと、そして6,000万ユーロの移籍金総額制限・年俸総額増加の禁止と厳しい処分を下されたシーズンでもありました。

 

■制限処分による次回ランキングへの影響

2014-15シーズンは移籍金総額制限処分の影響で総額制限6,000万ユーロの大半にあたる4950万ユーロ(当時・約69億円)でチェルシーからダビド・ルイスを獲得したのみの補強となり、序盤はパフォーマンスが上がらない状況を続きましたが最終的には3シーズン連続のリーグ制覇を成し遂げてます。

そして2014-15シーズンにあたる『フットボール・マネーリーグ2016』でもパリ・サンジェルマンは変わらずスポンサー収入への比重が多い傾向となりそうですが、その後に控えるチェルシーやアーセナルなど莫大な放映権料を得ているプレミアリーグのクラブがパリ・サンジェルマンの順位に影響を及ぼしていくのかが注目されます。

 

次回は、前回よりもさらに2クラブが加わり最多の8クラブがランク入りしたイングランド・プレミアリーグです。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍