Jリーグ | サッカービジネス レポートファイル - Part 3のブログ記事

先ごろ、日産自動車がアフリカ大陸最大のサッカートーナメント『アフリカネイションズカップ2015』とのパートナーシップ活動を開始することを発表し、予選トーナメントから2015年1月にモロッコで開催される決勝トーナメントまでの期間を通して、日産のアフリカ市場におけるプレゼンス拡大を目的とした活動の一環と見られます。

 

■シティとの提携で加速するサッカーマーケティング

以前に公開した日産とUEFAチャンピオンズリーグとのスポンサーシップのレポートから日産のサッカーに重点を置いたマーケティングが急速に進行していき、2014年7月にはプレミアリーグのマンチェスター・シティなどを傘下にする『シティ・フットボール・グループ(以下・CFG)』と5年間のグローバルパートナーシップ契約を締結しました。

gorn_soriano

このグローバルパートナーシップによってCFGは、日産自動車が保有する横浜F・マリノスの少数株主となり、マンチェスター・シティをはじめとするCFG傘下であるMLSの『ニューヨークシティFC』、Aリーグの『メルボルンシティFC』とともにユース年代の育成・マーケティングのノウハウ・人材交流など様々な分野において提携を行います。

横浜の日産本社で開かれた会見で、日産のカルロス・ゴーン最高経営責任者(以下・CEO)は「日産のブランドをグローバルに拡大するための重要なプラットフォームであるサッカーの試合への投資を促進する」と述べ、横浜F・マリノスの嘉悦朗社長は「今回のCFGとの提携は、Jリーグで初の資本提携をともなう海外企業との提携となります。初めてのケースなだけに何としても成功させてJクラブの一つのあり方を世の中に提案できればと思っています。」とコメントしました。

nissan_cfg

これで日産は、マンチェスター・シティのホームスタジアム『イテハド・スタジアム』での広告展開や移動用の公式車両の提供などのほかに、CFG傘下のニューヨークシティFC・メルボルンシティFCおよび『マンチェスター・シティ・レディース』のユニホームロゴと、サポーターとの交流イベントへの参加なども行うことが予定されています。

 

■CFG・CEOから得られるノウハウ

さらにCFGとの提携で日産が得られるのはマンチェスター・シティのブランドだけでは無く、2003年から2008年までFCバルセロナの副会長を務め、当時“赤字”だったバルセロナの財政を再建するまでを描いた『ゴールは偶然の産物ではない』の著者であるCFG・CEOのフェラン・ソリアーノの存在です。

ferran soriano

ソリアーノCEOは2015年からMLSに参戦するニューヨークシティFC設立のため、MLBの名門『ニューヨーク・ヤンキース』との提携を実現し、FCバルセロナ副会長時代の実績や経験を買われてCFGのCEOに就任した人物です。

それによって日産はサッカーマーケティングを実行していくうえで、ソリアーノCEOからのアドバイスやサポートを得られることになります。

 

前述の『アフリカネイションズカップ2015』とのパートナーシップを皮切りに「日産のサッカーマーケティング」への転換が「日産の世界戦略」へと変革していくのかもしれません。

 

 

このほど、サッカー専門誌『サッカーマガジンZONE』のWeb版にJ1・鹿島アントラーズの新たな収益源となる『スタジアムビジネス』が取り上げられました。

 

http://soccermagazine-zone.com/archives/418

 

 ■スタジアムビジネスを可能にした『指定管理者制度』

鹿島のホームスタジアムである『カシマスタジアム』の使用料は、東京・国立競技場と同等の最大年間1億3,000万円のコストが掛かっています。そこで2006年から茨城県より委託を受ける形となっていたカシマスタジアムの『指定管理者制度』を2011年より10年間の更新をしたことで、その使用料を賄うための更なる事業展開が可能になったのです。

kashima_sutadium

カシマスタジアムで行っている事業には、最初にスタジアム施設内にフィットネスジムを併設して開始した「ウェルネス事業」を皮切りに夏場のビアガーデン営業も実施します。

kashima_woldcup

そして、2010年からJリーグと放送契約を結ぶ『スカパー!』の委託を受けてホームゲーム中継の制作事業にも参入し、会場内のサブスタジオに最新の機器を導入してスタジアムに常設されている固定カメラを活用した臨場感あふれる映像を製作しているのです。

 

 ハンディを逆手にとる発想

こうした取り組みを鹿島が意識するようになったのが、ホームタウン周辺の人口が約70万人という小さなマーケットのなかで、そのハンディを克服して逆に活かすためにスタジアムビジネスに着目したのです。

さらに将来的には10面の芝生を栽培しながらイベントごとに張り替えることも計画しており、実現した場合には試合と試合の間の短期間でコンサートや運動会等も実施することが可能になるとのことです。

 

■欧州クラブも実施しているスタジアムビジネス

スタジアムビジネスに関しては、以前にもセリエA復権のカギとなるクラブ所有スタジアムインテルが新スタジアム建設発表か?などで試合が開催されない時でもショップ・レストラン・カフェなどを常設することで、更なる収入が得られるとレポートしました。

また、2013-14シーズンが終了したFCバルセロナもシーズンが再開する8月中旬まで、ホームスタジアム『カンプ・ノウ』のピッチサイドにレストランをオープンするなど、欧州クラブでもスタジアムビジネスは欠かせない事業となっています。

 

■小規模クラブは地域密着化に結びつける

一方で鹿島のようなスタジアムビジネスを行えるスタジアムを持つJリーグクラブは限られていますが、しかし規模の小さなクラブこそスタジアムビジネスを単なる収入源として捉えるのではなく、ホームタウンとの地域密着化に結びつけていく「独自のスタジアムビジネス」を実施するべきでしょう。

 

 

2014シーズンのJリーグが2010年W杯・MVPと得点王であるウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランを獲得したことで一躍注目の的となったセレッソ大阪に注目が集まっていますが、フォルラン獲得の他にもクラブの『存在価値』を高めるためのマーケティングを行っています。

 

まず、ホームタウンである大阪市と共同して公募していたホームスタジアム『長居陸上競技場』のネーミングライツパートナーが『ヤンマー株式会社』に決定したことを発表。

 

nagai

 

ネーミングライツ契約は2014年3月1日から5年間の契約で、長居陸上競技場が『ヤンマースタジアム長居』また、長居第2陸上競技場が『ヤンマーフィールド長居』とそれぞれの愛称となり、J1第7節・ガンバ大阪戦に『ヤンマースタジアム長居』のこけら落としがされます。

 

そして、前身である『ヤンマーディーゼルサッカー部』から1994年にプロサッカークラブ『セレッソ大阪』として誕生してから今シーズンで21年目のシーズンを迎え、クラブ創設20周年を記念したプロジェクトの立ち上げも発表。

このプロジェクトは、サポーター・ホームタウン・スポンサーそしてセレッソを支えるすべての人々との強い結びつきを挙げ、この結びつきによる関係を「セレッソファミリー」という言葉で表現。

 

cerezo rogo20year

 

同時に20周年ロゴも発表され、サッカーにおけるサポートの象徴である「12」という数のチームカラーのポイントが輪になり20年を支え祝福する様が表現されています。また輪の中の「20」の文字は、セレッソ大阪として最初のユニフォームにつけられた背番号と同じ書体を使用し、最初の1年があってこその20年、そしてこれからの未来があることへの感謝の気持ちを表現しています。

 

このようにセレッソ大阪が、2014シーズンのタイトル獲得に向けたチーム強化を積極的を行うと同時にクラブの母体企業であるヤンマーのネーミングライツや「セレッソファミリー」と表現したプロジェクトといずれもひとつの目的に向けてのためです。

前述のようにクラブ創設20周年を迎えることでチーム強化を最前提にしながら、ネーミングライツによりクラブの母体企業を前面に出し、クラブに関わる人々を取り込む計画など、ずべての面においてクラブを『名門クラブ化』にするためのマーケティングといえるでしょう。

1年後には、このマーケティングがどのような結果をもたらしたのか?が分かるはずです。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍