» ドイツ・ブンデスリーガのブログ記事

Pocket

ドイツ・ブンデスリーガ1部のバイエルン・ミュンヘンが13日に行われた年次株主総会で2012-13シーズンにクラブ史上最高となる売上高を記録したことを発表しました。

 

2012-13シーズンでバイエルンは、欧州チャンピオンズリーグ・ブンデスリーガ1部・ドイツカップで優勝して初めて三冠達成の快挙を成し遂げるなど大きな躍進を遂げたシーズンであったことが、同時に売り上げにも反映されたことになります。

img_cba3267939351cfb7c22f0a34f5327e866504

 

クラブの発表によると本拠地『アリアンツ・アレーナ・スタジアム』の経営なども含む営業利益は11%増の9,560万ユーロ(約127億円)で純利益は30%増の1,400万ユーロ(約18億円)でした。また、株主にも825万ユーロ(約11億円・株券ごとに30セント)の配当が行われるとのこと。

これによりバイエルンは、総売上高で過去最高となる4億3,280万ユーロ(約575億円)を達成し、これまで4億ユーロ相当以上の収益を記録したのはマンチェスター・ユナイテッド・レアル・マドリー・FCバルセロナの3クラブのみでしたが、今回の株主総会での発表により新たにバイエルンも加わったことになります。

 

rummenigge_get_131113_variant524x295

総会で代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは「本当に素晴しい。これこそ、われわれが目指していたもの。チームは飛ぶ鳥を落とす勢いで、クラブも黒字経営。言うことなしだ」と喜びをあらわにしています。

 

4億ユーロ以上をすでに達成したマンチェスター・ユナイテッド・レアル・マドリー・FCバルセロナは純利益でもバイエルンを上回っていますが、しかしこの3クラブよりもバイエルンは大きなアドバンテージがあります。

それは負債が無いことに尽きます。それはマンチェスター・ユナイテッド・レアル・マドリー・FCバルセロナのいずれも100億単位の負債を抱えており、一方のバイエルンは高額な選手獲得などもほとんど行わず、地道なクラブ経営を行ってきた結果が負債を抱えずにいることを証明しています。

負債を生み出さずに売上高4億ユーロ超えを達成したバイエルンが事実上クラブ運営のトップでしょう。

 

 

Pocket

このほどイギリスの通信社『ロイター通信』が14日にドイツ1部のブンデスリーガとアメリカの大手メディア『21世紀フォックス』が5年間の放映契約を締結し、発表したことを報じました。

BIAyIz-CQAA9xtg

 

これについてドイツ・サッカーリーグ(DFL)のクリスチャン・シーファート最高経営責任者(CEO)も声明を発表し、「今回の契約はスポーツビジネス界においてブンデスリーガがメディアにより一流コンテンツと認められた証拠」とコメントしました。

また、「グローバルパートナーである21世紀フォックスとの協力関係は、ドイツのプロサッカーに世界中での幅広い発展と成長の可能性を与えてくれるだろう」と21世紀フォックスとの契約に期待していることも付け加えています。

20060828-gra_logo

契約は2015─16年シーズンからとなり、ドイツ1部と2部の試合が北米と中南米諸国のすべての国をはじめ、日本・インドネシアやタイを含むアジアの大半の国に放映され、さらにはイタリア・オランダ・ベルギーでも2015─16年シーズン、2016─17年シーズンの試合が放映される予定とのことです。

 

ロイター通信によれば、21世紀フォックスとの放映契約は世界中でブンデスリーガの知名度をさらに高める事とイングランド・プレミアリーグやスペイン・リーガエスパニョーラとの差を縮めることが目標とみられるとしていますが、特にアジア向けに積極的なマーケティングを行っているプレミアリーグを意識しているのは間違いありません。

サッカーでの観客動員数世界一となったブンデスリーガも、その市場規模を世界規模に向け始めたということでしょう。

 

 

Pocket

フットボール・マネーリーグ2013(2011-12シーズン)の検証シリーズ3回目は20クラブ中、前年と同様4クラブのランクインとなったドイツ・ブンデスリーガです。

http://www.deloitte.com/assets/Dcom-UnitedKingdom/Local%20Assets/Documents/Industries/Sports%20Business%20Group/uk-sbg-football-money-league-2013.pdf

※[]内は前年度の順位、収入、 レートは2月時点。「フットボール・マネーリーグ」での内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

4位バイエルン・ミュンヘン 437億円 [4位/328億円] チケット収入103億円、放映権料98億円、スポンサー料236億円

11位ドルトムンド 224億円 [16位/142億円] チケット収入38億円、放映権料73億円、スポンサー料113億円

14位シャルケ 207億円 [10位/207億円] チケット収入52億円、放映権料46億円、スポンサー料109億円

18位ハンブルガーSV 143億円 [18位/132億円] チケット収入48億円、放映権料39億円、スポンサー料56億円

 

4位のバイエルン・ミュンヘンは順位は変わらないままですが、注目は前回でも20クラブのなかで最も多かったスポンサー収入をさらに上回る200億円を突破したことでしょう。抜群の知名度とドイツ国内および国外からのスポンサーも増えていることが考えられます。

前回の16位から11位に上がったドルトムンドは、前回より 放映権とスポンサー収入が増え、ブンデスリーガ2連覇とドイツカップ制覇が大きいかったと思われます。

14位のシャルケは、前回より順位は下がりましたが総収入と部門別もほぼ同額で大きな変動はなく、18位のハンブルガーSVは、順位こそ変わりませんでしたが前回よりスポンサー収入が下がっています。

 

これからのブンデスリーガは、バイエルン・ミュンヘンとドルトムンドが中心になっていくのでしょう。20112-13シーズンをバイエルンはリーグ・チャンピオンズリーグ・ドイツカップ制覇と実力を見せつけたことにより、さらに収入増が見込まれ収入ランキングでトップ3入りするかもしれません。

また、ドルトムンドもチャンピオンズリーグファイナル進出するなどのパフォーマンスを披露したことでトップ10入りも十分あり得えるでしょう。

シャルケに関しては大きな変動はないと思われますが、ハンブルガーSVに関しては名門クラブではあるもの、最近の低迷が続く状況では次回はランク外になる可能性があります。

次回はイタリア・セリエAです。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍