» イングランド・プレミアリーグのブログ記事

Pocket

フットボール・マネーリーグ2016(2014-15シーズン)の検証2回目は20クラブの中9クラブがランク入りしたイングランド・プレミアリーグです。

images

 

■前回よりさらに1クラブが加わり最多9クラブに

※[]内は前年の順位および当時の金額。 レートは2016年・1月時点の平均1€=約130円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

 

3位マンチェスター・ユナイテッド 675億円 [2位/699億円] チケット収入148億円、放映権料184億円、スポンサー料343億円

6位マンチェスター・シティ 602億円 [6位/559億円] チケット収入74億円、放映権料231億円、スポンサー料297億円

7位アーセナル 566億円 [8位/485億円] チケット収入172億円、放映権料218億円、スポンサー料176億円

8位チェルシー 546億円 [7位/523億円] チケット収入122億円、放映権料231億円、スポンサー料193億円

9位リヴァプール 509億円 [9位/413億円] チケット収入98億円、放映権料212億円、スポンサー料199億円

12位トッテナム・ホットスパー 335億円 [13位/291億円] チケット収入70億円、放映権料163億円、スポンサー料102億円

17位ニューカッスル・ユナイテッド 220億円 [19位/209億円] チケット収入45億円、放映権料131億円、スポンサー料44億円

18位エバートン 215億円 [20位/195億円] チケット収入32億円、放映権料148億円、スポンサー料35億円

20位ウエストハム・ユナイテッド 209億円 [ランク外/参考・188億円] チケット収入34億円、放映権料135億円、スポンサー料40億円

 

■最多ランクインも全体的に大きな変動は見られず

前回の2位から今回3位と1ランクダウンしたマンチェスター・ユナイテッドですが2013-14シーズンにリーグ優勝とチャンピオンズリーグ出場権を逃したことで2014-15シーズンは国内リーグおよびカップ戦のみとなったシーズンになりました。その影響にあったとみられるのがチケット収入と放映権料が減収になったもの前回に特に大幅増となったスポンサー料は今回もさらに増収となりブランド力の高さを示したものといえます。また同じマンチェスターをホームとするマンチェスター・シティは順位は前回と同じ6位となりチケット収入は若干ダウンしましたが放映権料とスポンサー料は増収に繋げました。

 

また、ランキングでも「ロンドンダービー」を繰り広げるチェルシーとアーセナルは前回の順位と入れ変わる順位となり順位変動の要因となったスポンサー料をアーセナルは増収したことでチェルシーを抜きましたが、それ以外の部門で大きな変動は両クラブともに無かったランキングとなりました。そして久々のチャンピオンズリーグ出場を果たしたリヴァプールは3部門ともに収入増となるも順位は前回と同じ9位に。

前回より、またひとつ順位を上げた12位のトッテナム・ホットスパーは目立った成績を残せなかったシーズンでしたがスポンサー料を大きく増収したことがランクアップに繋がったと思われます。さらに前回ランクインを果たしたニューカッスル・ユナイテッドとエバートンはともに2ランクアップを果たしたもの放映権料以外は大きな変動は見られず、2015-16シーズンのプレミアリーグで降格となったニューカッスル・ユナイテッドに関しては次回のランキングに影響を及ぼすことになる可能性があります。

 

■独自の運営展開を開始したウエストハム

そしてプレミアリーグの最多ランクイン数を伸ばす9クラブ目となった20位にランクインしたしたウエストハム・ユナイテッドをクローズアップします。

95c2eb4c-bedd-47ce-806c-8c0156fadb76

今回のランキングでは放映権料以外には高収入額とは言えませんが2015-16シーズンのプレミアリーグは7位と躍進を果たしました。そして2016-17シーズンからはウェスト・ハムは本拠地を『アプトン・パーク』から2012年のロンドン五輪のメイン会場だった『オリンピックスタジアムに』移すことになりますが、2016年5月に来シーズンのシーズンチケットを販売した5,2000枚が完売したことが発表されたことで今後チケット収入が増収したいくことが予想されます。

またウェスト・ハムは同じく2016年5月にプレミアリーグのクラブとして史上初めて「プロゲーマー」と契約を結んだことを発表し、契約を結んだショーン・アレン氏はサッカーゲーム「FIFA」で知られる「eSPORTS」の選手で2016年FIFAインタラクティブワールドカップで準優勝という成績を収めており、今後は背番号50番のウェスト・ハムのユニフォームを着用して大会に挑むことになるとしています。

 

こうした話題性のある取り組みによってマーケティング面での増収に繋がる可能性を秘めていることでも次回のランキングでは、さらにランクアップするかもしれません。

 

次回はドイツ・ブンデスリーガです。

 

 

Pocket

2015-16シーズンも間もなく折り返しとなるプレミアリーグでは、前シーズン覇者のチェルシーの低迷をはじめ17節終了時点でレスター・シティが首位に立ち、今シーズン昇格したワトフォードの7位と予想を覆す展開が繰り広げられています。

そして、今シーズンこそ復活を期待されながらも17節終了時点でリーグ戦は5位と首位レスター・シティと差が開き、チャンピオンズリーグでもグループステージ敗退など苦戦が続くマンチェスター・ユナイテッドですが成績とは関係なく世界中で一番ファンが多いといわれるクラブといわれており、それほどのファンを集められる理由のひとつがSNSを駆使したマーケティングによるものでした。

 

■SNSによって証明された広告価値

マンチェスター・ユナイテッドは2015-16シーズンの開幕前に昨シーズンまで長らくユニフォームサプライヤーだった『ナイキ』から『アディダス』に変更し、8月1日に新ユニフォームを発表しました。

新ユニフォーム発表と同時にマンチェスター・ユナイテッドとアディダスはツイッターを利用して「#BeTheDifference」というハッシュタグを使用したキャンペーンを行ったのです。

スポーツマーケティングリサーチ会社『レピュコム』によると新ユニフォームキャンペーンは、開始からわずか3日でソーシャルメディア上での広告価値を2.3億円以上も生み出していることが調査によって明らかになりました。

同じアディダスをサプライヤーとするレアル・マドリーは6月から始動したキャンペーンで2.6億円の広告価値を生み出していますが、レアル・マドリーがソーシャル上でのファン数が1億2,300万人に対してマンチェスター・ユナイテッドは7,600万人と少ないにも関わらずにわずか3日でレアル・マドリーに迫ったことになるのです。

 

■マーケティングに欠かせない3つのSNS

また、レピュコムによるとマンチェスター・ユナイテッドは各SNSで新ユニフォームに関連した記事を3日間で38回アップしましたが、これはACミラン(16回)をはじめバイエルン・ミュンヘン(36回)、チェルシー(36回)そしてレアル・マドリー(28回)といった他のアディダスをサプライヤーとしているクラブを超える数だとしています。

そして最終的には今回のキャンペーンによってソーシャルメディアだけで生み出される広告価値は約7億円を超えると予想しました。

 

新ユニフォームキャンペーンだけに限らず、マンチェスター・ユナイテッドは以下の世界中で多くの利用者数を有する3つのSNSを効果的に使用しているのです。

 

・フェイスブック

1447034355981

・ツイッター

1448459433897

・インスタグラム

1447034355501

 

■先を見据えて導入したSNSマーケティング

そんなマンチェスター・ユナイテッドによるSNSマーケティングに関してデジタルマーケティング・マネジャーの山内 一樹氏が2014年12月に「マンチェスターユナイテッドから学ぶスポーツチームのデジタル戦略に大切な5つのこと」とするコラムを掲載し、マンチェスター・ユナイテッドのより戦略的なSNSマーケティングを紹介しています。

タイトルにある大切な5つのポイントとして「ローカライズ」「理解のし易さ」「ファン同士のプラットフォームとして」「信頼性」「計測」だとしています。

 

いずれもファンが知りたい情報やファン同士の交流など世界各国の言語ごとに対応することによってサッカークラブの中で、いち早くSNSマーケティングの重要性を見据えて導入したことが今日のファン数拡大に繋がったといえます。

これからSNSマーケティングはサッカークラブにとって必要不可欠なビジネス戦略となっていくでしょう。

 

 

Pocket

フットボール・マネーリーグ2015(2013-14シーズン)の検証2回目は20クラブのうち最多の8クラブがランク入りしたイングランド・プレミアリーグです。

 

images

 

■フットボールマネーリーグ最多8クラブがランクイン

※[]内は前年の順位および収入額、 レートは2015年・2月時点の1€=約135円で換算。内訳はチケット収入・テレビ放映権料・スポンサー料(広告など)の3部門。

2位マンチェスター・ユナイテッド 699億円  [4位/593億円] チケット収入175億円、放映権料219億円、スポンサー料305億円

6位マンチェスター・シティ 559億円 [6位/442億円] チケット収入77億円、放映権料215億円、スポンサー料267億円

7位チェルシー 523億円 [7位/424億円] チケット収入115億円、放映権料225億円、スポンサー料183億円

8位アーセナル 485億円 [8位/398億円] チケット収入163億円、放映権料198億円、スポンサー料124億円

9位リヴァプール 413億円 [12位/336億円] チケット収入83億円、放映権料163億円、スポンサー料167億円

13位トッテナム・ホットスパー 291億円 [14位/240億円] チケット収入71億円、放映権料153億円、スポンサー料67億円

19位ニューカッスル・ユナイテッド 209億円 [ランク外/参考・156億円] チケット収入42億円、放映権料126億円、スポンサー料41億円

20位エバートン 195億円 [ランク外/参考・141億円] チケット収入33億円、放映権料142億円、スポンサー料20億円

 

■チーム低迷の損失を補ったスポンサー料

まずは、前回4位から2位に上昇したマンチェスター・ユナイテッドです。昨年の『フットボールマネーリーグ2014』で2013-14シーズンではリーグ優勝やチャンピオンズリーグ出場権喪失などで、その影響がどうなるのか?がポイントになるとしましたが、結果としてチームの低迷の影響でチケット収入は若干落ち込んだもの放映権料とスポンサー料が増収となりました。

84B2DAFCD3C2471A9C0F37AD22D36B7F-500x361

特に大幅増となったスポンサー料は、上記のように2013-14シーズンより胸スポンサーとなった『ゼネラルモーターズ』や『日清製粉』などをはじめするスポンサー増および契約料の恩恵によってリーグ優勝とチャンピオンズリーグ出場権喪失による損失を補ったことになります。

 

■プレミアリーグ収入増のカギとなる『テレビ放映権料』

その他にランクインしたマンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルは前回と同じ順位となりましたがいずれのクラブも収入増となり、久々のチャンピオンズリーグ出場権を得たリヴァプールも収入増となる9位にランクアップ。

また前回よりひとつ順位を上げたトッテナム・ホットスパーをはじめ、今回新たにランクインしたニューカッスル・ユナイテッドとエバートンと最多8クラブがランクインした要因が高騰し続けるプレミアリーグの『テレビ放映権料』です。収入内訳を見てもプレミアリーグの下位クラブほど『テレビ放映権料』がウエイトを占めていることを証明するランキングになりました。

 

次回はドイツ・ブンデスリーガです。

 

 

Twitter(ツイッター)

メールマガジン

サッカービジネスおすすめ書籍